top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

sacai出身の諸橋和之が手がけるニットウェアブランド「ミデリ」デビュー、ニットの新たな可能性を追求

FASHION PRESS

×

sacai出身の諸橋和之が手がけるニットウェアブランド「ミデリ」デビュー、ニットの新たな可能性を追求

sacai(サカイ)出身の諸橋和之がデザイナーを務めるニットウェアブランド「ミデリ(MIDERI)」が、 2023年春夏よりスタートする。

sacai出身の諸橋和之、ニットウェアブランドをスタート

諸橋和之は、メンズアパレルで企画や生産を担当し、2011年にsacaiに入社、10年間にわたってニットおよびカットソー部門を務めてきた。2023年春夏よりスタートする「ミデリ」では、ニットウェアの新しい可能性と価値観をコンセプトに、従来のニットウェアを再解釈したアプローチや、横編みと丸編みの融合、日常生活と共存したデザインの探求を行う。

ファーストシーズンとなる2023年春夏では、メンズアイテムのみを展開。「光の教会」を写した1枚の写真を着想源に、織物のイメージをニットで表現するなど、ニットの新しい可能性を探ることを試みている。

たとえば、スーツ地をイメージしたジャージー生地は、ウールとサステナブルポリエステル「PLA」を用いて編み上げたもの。スモックシャツをアレンジしたコートから、ドレスシャツ、パンツまで、幅広く用いた。

また、オーガニックヘンプにはウールを混ぜ、上品な雰囲気のモッズカーディガンやトラックジャケットに。クラシカルなシャツ生地は、あえて立体感とハリ感のある編地で表現し、リラクシングなシャツやカーゴパンツに仕上げている。

詳細

広告の後にも続きます

ミデリ
立ち上げシーズン:2023年春夏

TOPICS

ジャンル