top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

子鹿を誰よりも愛するアライグマ。野生に戻ろうとせず施設に留まる

カラパイア


 アメリカ・テキサス州にある子鹿の救済施設では、母親を失った多くの子鹿が救助し、リハビリを行い、野生に戻すための訓練を行っている。

 そんな子鹿の救済施設に、瀕死状態のアライグマの赤ちゃんが保護された。

 すっかり元気に成長したアライグマだが、施設を立ち去ろうとしないという。鹿たちとの暮らしが気に入ってしまったのだ。

 後からやってきた1頭の子鹿をとても強い友情を築き、好きすぎて離れることができず、つねにひっついているという。



Raccoon and his deer best friend

嵐の中保護された瀕死の状態のアライグマの赤ちゃん

 テキサス州で認可された非営利の野生生物救済リハビリ施設「テキサスファウン&フレンズ」で、孤児となった子鹿の世話をしている運営者キャリー・ロングさんは、去年アライグマの赤ちゃん“ジャスパー”についての連絡を受けた。

 生後わずか3週間とみられたジャスパーは、母親に捨てられた暴風雨の中、瀕死の状態だったところを発見されたという。

 生き延びるかどうかわからなかったが、キャリーさんは献身的にジャスパーの世話をした。おかげで、ジャスパーはすっかり元気になった。

 成長したジャスパーは、自由を得られるにもかかわらず、キャリーさんの施設から去ろうとしなかった。

 子鹿たちのいる施設を、永遠の家と決めたようだ。現在、ジャスパーは約75頭の子鹿たちと一緒に暮らしている。
この投稿をInstagramで見る

Texas Fawn and Friends(@texasfawnandfriends)がシェアした投稿

子鹿のホープと大の仲良しに

 ジャスパーは子鹿の中でも特別に好きなお気に入りの子がいる。赤ちゃんの頃に母親を亡くし、キャリーさんのもとに預けられたホープだ。

 ジャスパーは、ホープが決して孤独にならないようにと思っているのか、いつも寄り添っているという。
ジャスパーは、ホープが本当に大好きなんです。ホープを見つけると、走ってそばに行きます。べったりと寄り添って何度もハグをして、愛情を与えています。そんな光景を見るのは、とても心温まるものです。(キャリーさん)


Rescued Fawn and Raccoon Hopping Around

 今年は、100頭以上の孤児の子鹿を世話することになるだろうと予想しているキャリーさん。この施設の献身的なケアがあるおかげで、ホープのように多くの子鹿たちの命が救われている。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル