top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ワイスピ』ポール・ウォーカーの誕生日に娘が“宣伝”したことが最高だった

フロントロウ

×

映画『ワイルド・スピード』シリーズに出演していた故ポール・ウォーカーが、生きていれば49歳の誕生日を迎えた。子どものメドウ・ウォーカーが誕生日をお祝いすると共に宣伝したことは?(フロントロウ編集部)

ポール・ウォーカーが生きていれば49歳に

 映画『ワイルド・スピード(以下ワイスピ)』シリーズの1作目からメインキャストとして出演するも、2013年に不慮の交通事故で40歳という若さで他界したポール・ウォーカーは、生きていれば9月12日で49歳に。

 そんなポールの誕生日には、毎年ポールの子どもでモデルとして活動するメドウ・ウォーカーや、『ワイスピ』ファミリーがインスタグラムで祝福するのが恒例となっている。

 2022年もメドウがインスタグラムでポールとの2ショットを公開し、「私の親友であり、双子の魂であるあなたにハッピーバースデー。永遠にあなたを愛し、毎日あなたを恋しく思います」とコメント。

広告の後にも続きます

この投稿をInstagramで見る

Meadow Walker Thornton-Allan(@meadowwalker)がシェアした投稿

 これだけでも十分なお祝いだが、メドウのお祝いコメントには続きが。メドウはお祝いコメントの続きに、「今日あなたを祝福するために、ポール・ウォーカー財団から新しいデザインのアイテムが発売されます!良い行ないをして、良い人間になって」とつけ加え、ポール・ウォーカー基金のニューアイテムの宣伝を行なった。

 ポールは生前チャリティーや自然保護に関する活動にも非常に積極的で、「リーチアウト・ワールドワイド」という財団を創設し、竜巻や地震など自然災害の救援活動を行い、動物愛護や海洋生物の保全にも力を入れていた。

 そのレガシーは子どものメドウにも引き継がれており、ポールの死後にメドウが、「DoGood」をモットーに海や自然の保護を担う若きリーダーたちの育成に力を入れ、厳選した学生や研究者に助成金や奨学金を提供するポール・ウォーカー財団を設立。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル