top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

JAレジ2022年8月動向、旅客機の新規登録なし ピーチのA320やJAL「嵐ジェット」抹消

FlyTeam

JAレジ2022年8月動向、旅客機の新規登録なし ピーチのA320やJAL「嵐ジェット」抹消

国土交通省航空局によると、2022年8月の日本国籍の航空機登録(JAレジ)は、新規登録5機、抹消7機、予約登録1機でした。民間商用機の新規登録は2カ月連続で無し、抹消でピーチのエアバスA320型が1機、日本航空(JAL)がボーイング777-300型が2機、アメリカに売却されました。

■2022年8月 新規登録機

新規登録5機のうち、日本エアロスペースがテキストロン・アビエーション製のセスナ208型を2機、登録しています。このうち、1機は中日本航空で使用されます。このほか、川崎重工業、ジャパン・ジェネラル・アビエーション・サービス(JGAS)、セコインターナショナルがそれぞれ1機ずつ、登録しています。

登録日レジ番号航空会社機種製造番号2022-08-03JA838N日本エアロスペーステキストロン・アビエーション208208006702022-08-15JA145D川崎重工業エアバス・ヘリコプターズBK117D-3210672022-08-18JA14AJ日本エアロスペーステキストロン・アビエーション208208006762022-08-19JA008BJapan General Aviation ServiceシーラスSR2286112022-08-24JA128Mセコインターナショナルベル50565391
川崎BK117D-3型 「JA145D」 (MSN/PFさん 2022年9月12日撮影)

■2022年8月 抹消登録機

ピーチは「JA814P(機体記号)」を退役させました。この機体はクリエーター・内藤ルネとのコラボレーション塗装機「RUNE GIRL ショートボブ」として運航されました。

ルネ塗装の「JA814P」 (ひろぽ~んさん 2015年3月7日撮影)

広告の後にも続きます

JALから退役したボーイング777-300「JA751J」「JA8944」は、いずれもJET MIDWEST社へ売却しています。「JA751J」は嵐ジェットや東京2020塗装、「JA8944」は導入時は鶴丸、太陽のアークを経て、再び鶴丸の尾翼を施して運航した機体です。

現役時の「JA8944」 (JA8961RJOOさん 2017年11月10日撮影)

また、警察庁は「JA6814」を抹消しました。この機体は埼玉県警で「むさし」として活躍した川崎BK117C-1型機です。埼玉県警は、この退役前にBK117D-3型機「JA634P」を導入し、3機体制を維持しています。

ボビスタプラムベアさん 2020年8月5日撮影 JA6814 川崎 BK117C-1 埼玉県警察
抹消日レジ番号航空会社機種抹消理由2022-08-01JA814P全日空商事トゥッカーナリーシングエアバスA320-214航空の用に供さないため2022-08-01JA3880共立航空撮影セスナTU206Gアメリカへ売却のため2022-08-04JA751J日本航空ボーイング777-300アメリカJET MIDWEST, INC.社へ売却2022-08-10JA4077個人パイパーPA-46-350P機体解体のため2022-08-15JA8944日本航空ボーイング777-300アメリカJET MIDWEST, INC.社へ売却のため2022-08-15JA6814警察庁川崎BK117C-1航空の用に供さないため2022-08-23JA9690朝日航洋アエロスパシアルAS332Lアメリカへ売却のため

■2022年7月 予約登録

予約は1機で、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンがEC135T3型を「JA03MK」で登録しています。

レジ番号航空会社機種製造番号予約年月日導入予定日JA03MKエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンRGエアバス・ヘリコプターズEC135T3未定2022-08-172024-10

TOPICS

ジャンル