top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

女王陛下が愛した犬!可愛いコーギーたちの魅力にたっぷりと迫ってみよう

カラパイア


 先日崩御されたイギリスのエリザベス女王は、大の犬好きとしても知られていた。

 中でも特にお気に入りの犬種はウェルシュ・コーギー・ペンブロークで、その生涯で30匹以上のコーギーやドーギー(コーギーとダックスフンドのミックス)を飼育し、繁殖も行っていたんだそう。

 今日はそんな魅力あふれるコーギーたちをたっぷりとご覧いただこうと思うよ。



Corgis: The Queen’s Best Friends

 ご主人の足にのってにっこにこでステップを踏んだり、自分のしっぽをぐるぐる追いかけまわしたり。

 こんな風に可愛いコーギーたちにまみれてみたい!

 スポーツだってこなしちゃうよ!

 意地でも赤ちゃんにキスさせないよう頑張るコーギーもいたりして。

 エリザベス女王が初めて犬を飼ったのは、1933年、7歳のときにプレゼントされた「ドゥーキー」という子犬だったらしい。

 18歳の時にプレゼントされた二代目のコーギー、「スーザン」の直系の子孫「ウィロー」は、2018年に14歳でこの世を去ってその血筋は途絶えたものの、女王は亡くなる寸前まで、愛犬たちと過ごしていたんだそうだ。
この投稿をInstagramで見る

The Royal Family(@theroyalfamily)がシェアした投稿

 ちなみに、女王が最期まで飼っていた愛犬たちのうち、コーギー2匹はアンドルー王子とその前妻が引き取ることになったという。残りの犬たち(ドーギーとコッカースパニエルがいたらしい)については、まだ引き取り手を探し中のようだ。

written by ruichan


※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル