top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

矢口真里、元ヤンの父を語る「爆音改造車で中学に迎えに」

SmartFLASH

 (父は)リアル『湘南爆走族』。(バイクが)何十台ですね。先頭と一番最後に警察がついてくるような」

 

 超がつくほどのプレイボーイだったが、「家庭的」という理由で、交際女性たちの中からいまの矢口の母を選んだ矢口父。結婚後は真面目に会社勤めを始めたが、大好きな車いじりはそのまま続けていた。

 

「結婚してからもバイクとか、改造車両に乗って。私が生まれてすぐにバイクで大クラッシュして、病院に運ばれて3日間意識が戻らなかった。いまだになんかいじっていて、いまはラジコンボートの大会に出ています」

広告の後にも続きます

 

 矢口が中学生のころには「シャコタン・爆音マフラー」の改造車で学校に迎えに来たことがあり、あまりの恥ずかしさに他人のフリをしたことがあったという。

 

 現在、車の営業の仕事をしている父親に対し、矢口は切実な願いを吐露していた。

 

「自己紹介で『矢口真里の父です』って言うんです。本当にやめてほしい」

 
 父親は「モーニング娘。」として活躍した娘をずっと自慢していたいに違いない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル