top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

木村カエラ “個性の輝き”がテーマの新曲「COLOR」MV、スーパーや商店街など8カ所でロケ敢行

SPICE

木村カエラの新曲「COLOR」のミュージックビデオが公開された。

このミュージックビデオでは、ボーリング場、ビリヤード場、駐車場、高架下、スーパー、商店街など、計8箇所でロケを行ない、楽曲のメッセージとなる“どんなところにいても個性は輝いている”ことを表現している。衣装はどんな場所でもだれでも輝いてみえることを表現するために光を反射するものを使用。また、今クリエイターが注目している、ノイズや歪みなどを多用して視覚で攻める「グリッチエフェクト」という手法や、フレームを全くずらさずに同じポジションのまま撮影を行ない、背景が動いているのかカエラが動いているのか分からなくなる手法を取り入れ、“違和感”のある不思議な感覚になるミュージックビデオが完成した。


そんな新曲「COLOR」は、11月21日(水)にリリースされる初のミニアルバム『¿WHO?』(読み:フー)に収録され、現在、千葉雄大が主演を務める連続ドラマ『プリティが多すぎる』の主題歌としてもオンエアされている。

ミニアルバム『¿WHO?』には、「COLOR」をはじめ、12月9日(日)に開催されるJALホノルルマラソン2018 テーマソング「Run to the Rainbow」、8月に公開された映画『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』のエンディングテーマ「ちいさな英雄」、JRA CMソング「HOLIDAYS」、そしてカエラが“この曲からたくさんの勇気をもらっている”とコメントするほど思い入れのある曲であり“ぜひ作品に残したい”という思いから収録することになった、今年6月に行なライブでカバーを披露したミュージカル『アニー』のナンバーとして知られる「Tomorrow」の全5曲を収録。

広告の後にも続きます

初回限定盤DVDには、「COLOR」のミュージックビデオとメイキングのほか、自身初となる直筆ラクガキジャケットを、来年15周年を迎えるということもあり15周年の1歩手前を現す1499枚がランダム封入される。なお、木村カエラデザインステッカーが先着店頭特典となることも併せて発表されている。


■木村カエラ コメント
この『COLOR』は「個性」をテーマにした楽曲です。
自分の個性が強く心の真ん中にあって、どんな場所にいても、どんな時でも、その「個性」を輝かせてほしいという願いからいろいろな場所で撮影をしました。
衣装も全身がカラフルにキラキラと光っているものを選びました。
これも、個性の輝きを表現しています。
自分で歌詞に合わせた手遊びも考えてやっているので、そこも観て楽しんでもらえると嬉しいです。
いつかみなさんと一緒にライブでやれたらいいなと思っています。

■島田大介監督 コメント
流行、スタイル、生き方が目まぐるしく変化していく今の東京を
カラフルにデコレートし変化していく風景をキレのいいリズムにシンクロさせ
縦横無尽に移動していくカエラちゃんを表現しました。

 

TOPICS

ランキング

ジャンル