top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

娘よりも成績の良かったライバル学生の飲み物に毒を盛った母親が逮捕される

カラパイア



 インド、タミルナドゥ州で、娘よりも成績が良かったクラスメートに毒を盛った女性が逮捕された。

 その女性は、常に成績優秀でクラスのトップだった13歳の少年の母親を偽り、学校の用務員に毒入りのジュースを少年に渡してくれるよう依頼。少年がそれを飲んだところ具合が悪くなり、嘔吐が止まらなくなった。

 女性は、ライバルの少年がいなくなれば、娘が試験の成績でトップを狙えると思い犯行に及んだという。

Woman poisons daughter’s classmate to death for excelling in academics

毒入りの清涼飲料水を用務員から手渡された男子学生


 9月2日、インドのタミルナドゥ州プドゥチェリーのカライカルにある学校で、毎年恒例の試験が行われた。

 この試験の後、13歳の少年は用務員から「お母さんから渡すよう頼まれた」と、ジュースの入ったボトルを手渡された。

 少年は自分の母親が差し入れてくれたものだと疑わず、それを飲んだ。


photo by Unsplash

 ところが、飲んだ後に気分が悪くなった。12時半頃に帰宅した少年は、母親にソフトドリンクの差し入れをしたかどうかについて尋ねた。

 母親はまったく身に覚えがないと言い、親戚の誰かが差し入れた可能性も考えたが「母親」と名乗っている時点でおかしい。

 その間にも少年はどんどん具合が悪くなり、嘔吐し始めたため、救急車で地元の病院へ搬送された。

 治療を受けて一旦帰宅したものの、症状は悪化する一方で、その夜再び入院した少年は、翌日夜に死亡した。


image credit: youtube

少年を娘のライバル視していたクラスメートの母親の犯行だった


 このジュースについて学校に問い合わせをした少年の母親は、最終的に監視カメラの映像を確認して、犯人を知ることになった。

 映像には、少年のクラスメートである少女の母親ビクトリヤが、ペットボトルに何かを入れている映像が捉えられていたのだ。

 当日、ビクトリヤはジュースにこっそり毒物を混入すると、用務員に「これを少年の母親からだと言って渡して」と頼み、何も知らない用務員は「お母さんから」と少年に飲み物を手渡した。


image credit: youtube

 逮捕されたビクトリヤは、13歳の少年の飲み物に異物を入れたことを認めたが、「下痢になればいいと思って下剤を混入しただけ」と主張。

 しかし、その後の警察の死後検査報告書で、危険な毒物がの痕跡が見つかった。

 少年は、幼稚園低学年から現在まで常にクラスで首位の成績で、非常に優秀だったそうだ。

 ビクトリヤの娘も、おそらくそれなりに成績が良く、少年をライバル視していたようだ。

 ある日、少女と少年が学業上のことで口論になり、そのことを聞いたビクトリヤは少年をよく思っていなかった。

 ライバルの少年さえいなければ、娘の試験の順位が上がると思い、ビクトリヤは少年の飲み物に毒を盛ったようだ。

 少年の家族は、「歪んだ嫉妬によってあの子は命を奪われました」と、やり場のない悲しみを露わにしている。

 なお現在、ビクトリヤは刑務所に収容されているが、事件については捜査が進行中ということだ。


A Parent Allegedly Killed Her Daughter’s Classmate For Performing Well In The Exam

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル