top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

駐車禁止の道路標識の意味|駐停車禁止との違いや禁止の範囲とは?

交通事故弁護士ナビ

道路標識にはさまざまな種類のものがありますが、この記事では『駐車禁止』について解説していきます。

道路標識を見落とすことで違反になるのはもちろん、重大な事故につながるおそれもあります。ぜひこの記事を参考に、駐車禁止の標識についてしっかりと理解していただけたら幸いです。

駐車禁止の標識は2種類ある

まず初めに、駐車禁止違反を表す『駐車禁止標識』と『駐停車禁止標識』の2種類について、解説していきます。

駐車禁止標識

こちらが駐車禁止を示す標識です。

この標識がある場所に駐車することは禁止されていますが、停車することは可能です。その時間は厳密には定められていませんが、警察や監視員に注意された際はすぐに移動するようにしましょう。

広告の後にも続きます

駐車禁止場所で違反を犯した場合の違反点数、反則金は以下のとおりです。

また、駐車禁止違反には『放置駐車違反』というものがあります。

“放置”という言葉がつく駐車違反は、5分を超えて駐車をしていた場合、すぐにその場から車を動かせない状態のことをいいます。駐車違反での検挙のほとんどが“放置”駐車禁止違反、つまり、車をすぐに動かせないケースだといわれています。

その際の違反点数や反則金は以下のとおりです。

駐停車禁止標識

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル