top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

強い腸をつくって免疫力UPしよう!腸活「鶏ささみの梅マヨ丼」

朝時間.jp

朝を楽しむ朝美人アンバサダーのみなさんによるスペシャル連載コラム!まいにちまぜごはんのハルさんが「免疫力を上げる腸活ごはん」のレシピを紹介してくれます♪

おはようございます。朝美人アンバサダーのまいにちまぜごはんのハルです。

私が住んでいる長崎では8月に新型コロナウイルスが感染拡大して、身近な人たちが続々と感染しています。その為、私も今まで以上に感染予防や規則正しい生活を心がけています。

特に朝食では、免疫力を上げる「腸活レシピ」を心がけ、腸を強くしてウィルスや感染症に負けない体づくりを強化中です。

このコラムでは、体の免疫システムの約70%を担っている腸を強くして、免疫力を上げる腸活ごはん簡単レシピを全4回でお届けします。

広告の後にも続きます

第1回目となる今回は、さっぱり美味しい!良質なたんぱく質で腸粘膜を強化する「鶏ささみの梅マヨ丼」をご紹介します。

今回の食材の「腸活ポイント」は?

鶏ささみ(良質なタンパク質)=丈夫な腸をつくる材料

腸粘膜は体の中でも新陳代謝のサイクルが非常に早く、約2日で新しい細胞に入れ替わると言われます。

細胞が生まれ変わる時には、質の良いタンパク質が必要。鶏ささみは「低脂肪・高たんぱく質」でピッタリの食材なのです。

更に鶏ささみには疲労回復などに効く栄養分も含まれているので、季節の変わり目には積極的に取り入れたいですね。

梅干し=善玉菌を増やす

梅干しに含まれる植物性乳酸菌は、腸の活動をよくする善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす働きがあります。また、腸のぜんどう運動を促すクエン酸が豊富です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル