top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カジュアルに楽しめる鮨酒場3選!“鮨飲み”がデートにもぴったり

東京カレンダー

×

カジュアルに楽しめる鮨酒場3選!“鮨飲み”がデートにもぴったり

実はいま、“鮨をつまめるおしゃれな酒場”が、デートで人気なのだ。

カウンター席で緊張する必要がなく、握りを気軽につまめる“鮨飲み”がブームの兆し!

今回は、鮨デートを盛り上げてくれるカジュアルな人気店を3軒、紹介する。



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。



▽INDEX

1.鮨をワインと一緒にバル感覚で!三軒茶屋のモダンな鮨店

2.人気ネタが500円以下!贅沢な鮨飲みが叶う大門の人気酒場

3.“元祖鮨飲み”は恵比寿で!賑やかに楽しめるおしゃれ鮨店


1.鮨をワインと一緒にバル感覚で!三軒茶屋のモダンな鮨店
『サンチャモニカ』


洒落たネオンサインの奥では、鮨とワインの宴が!


鮨×ワインは「高級店で味わうもの」というイメージを覆す店が、昨夏に誕生した。

『サンチャモニカ』のコンセプトは“ワインに鮨を合わせる”。ソムリエでもあるオーナーがワインをヒントに鮨を考え、モダンにお洒落な店内も相まってバル感覚でマリアージュを楽しめる。

例えば上品な果実味のある赤ワインに合わせるのは赤身3種をのせた握り、「マグロ三重奏」。



下から赤身、中トロ炙り、大トロがのった「マグロ三重奏」399円。

独自にブレンドした赤酢の酢飯の酸味とマグロの鉄分が際立つ握りゆえ、上品な果実味のあるルーマニアのピノノワールが合う。



破格といえる「北海道産生うに」799円。

天然のミネラルを感じる奥尻のピノグリがはまる。



お得な17品5,000円のコースはマッチする一杯を教えてもらえるので、おすすめに身をまかせるのも一興だ。もちろん単品でさくっと楽しむのもあり。

結果、鮨ペアリングに目覚める大人も多く生んでいる良店なのだ。


ワインに合う鮨がわかる!


ワインは王道からナチュラルワイン、国産まで幅広い。

メニューにはおすすめの料理の記載があり、鮨との相性を意識して選べる。グラスワイン 499円~。



腕をふるうのは、鮨一筋27年になる我妻 誠さん。

気さくな雰囲気で魚のことも気軽に聞きやすい。和気あいあいとした雰囲気だ。



「泣けるかんぴょう巻領域展開号泣ナミダ巻き」(399円)は『サンチャモニカ』の人気のひと品。


2.人気ネタが500円以下!贅沢な鮨飲みが叶う大門の人気酒場
『寿司トおでん にのや 大門店』


今年5月にオープンした鮨飲みができる『寿司トおでん にのや 大門店』は、ネタが自慢。

というのも海鮮を得意とする居酒屋が運営する店で、一括で上質食材を仕入れているから。料理長が市場で選ぶ魚はクエや本マグロなど豪華食材もふんだんにそろう。

それでいて贅沢メニューの「極み寿司」でも1コイン以下ばかり。


仕事帰りの大人たちが、気ままに鮨をつまむ!


スペシャリテの「にのや巻き」もトロやいくら、うにが入りながらも、¥858と良心価格でほとんどの人がオーダーするとか。

日毎に特選素材が変わるので、近隣で働く会社員も高頻度で通い飲み語らう。

まずはマグロや鰻をつまみながら飲み始め、後半に12種ある「あて巻き」で酒を煽るのが粋な流れだ。



醤油漬け卵黄、いくら、かに身、ネギトロ、うに、とびっこを海苔で巻いて食べるスペシャリテの「にのや巻き」858円。



多く人の好物であるトロとうにを、ひと口で食べられるようスプーンに盛った「炙りトロの雲丹のせ」418円。


ハイクラスの銘柄がそろう!


「十四代」、「而今」、「磯自慢」など全国屈指の銘酒がそろう。

日本酒は日替わりで半合418円~とあっておひとりさまも多い。



料理長の園部圭介さんは料理人歴25年。

和食やホテルを渡り歩いてきたベテランで、仕入れの当人でもあるので気軽におすすめを聞いてみよう。



“にのや”の「海鮮なめろう」308円。


3.“元祖鮨飲み”は恵比寿で!賑やかに楽しめるおしゃれ鮨店
『スシエビス』


恵比寿東口の目抜き通りで、ひときわ目立つ熱気ある空間


2020年秋に開業した鮨居酒屋のパイオニア『スシエビス』。

「2~3万円の高級鮨は気軽に行けないし、とはいえ回転鮨じゃ格好がつかない。単価5千円以下でお洒落に鮨を楽しめる店を作りたい」というオーナーの想いから誕生した。

店内は白木を基調として鮨店らしさも忘れない。それが大当たりして、大繁盛。



馬肉のユッケを酢飯で挟み、いくらとうにをのせた「極みユッケと雲丹いくらミルフィーユ」1,078円。

女性人気も高い一品。



細く切ったイカが口内で魅惑的にほぐれる「イカソーメンからすみがけ」2貫329円。



0次会から2次会まで、自由に鮨を楽しむ場所となっている。

あくまで鮨はつまみゆえ酢飯は小さめ。昆布だしで炊き黒酢にバルサミコも加えた酢飯はズルいほどにお酒泥棒だ。


話題の日本酒がお手頃に!


酒は「AKABU」や「田中六五」など、人気銘柄が手軽な価格でそろう。

福岡の気鋭の酒蔵が造る「三井の寿 大辛口 純米大吟醸」も半合549円とあって気兼ねなく味わえる。



活気あるカウンターに立つ板前の川島義久さんは料理人歴20年。

スタッフの雰囲気も大らかだ。



『スシエビス』の「揚げ納豆巻き」439円。



美味しい酒と鮨でカジュアルに楽しむ、“鮨飲み”。

ぜひ、体験してみてはいかがだろうか。


▶このほか:極上鮨とワインのペアリングが楽しめる鮨店4選!恋人との記念日デートにおすすめ!


TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル