top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

いま波に乗っているスポーツ・パラサーフィンの世界

パラサポWEB

東京2020オリンピックで注目を集めた新競技のサーフィンやスケートボード。選手たちが健闘をたたえ合う姿に感動を覚えた人も多いのではないでしょうか。
実は、パラスポーツでも盛り上がりつつあるのがパラサーフィンです。ロサンゼルス2028パラリンピックでは新しい競技として採用が検討されています。選手たちはどうやって波に乗るのか。そして、サーフィンの醍醐味とは? 編集部は日本初の大型パラサーフィンイベントに潜入。躍動感あふれる選手たちの姿をお伝えします!

初めてのパラサーフィンの世界

天候にも恵まれ、みんな笑顔、笑顔、笑顔

7月のある日。静岡県牧之原市の人工サーフィン施設「静波サーフスタジアム」に、全国から障がいのあるサーファーや体験希望者が集まりました。

カラフルなサーフボードを車いすで巧みに運び入れるのは、日本代表として世界で活躍中のトップ選手、小林征郁選手です。

「サーフィンで世界一になりたいから、ほぼ毎日、海に入っています。ポイントは愛知県の伊良湖や内海とか。全国をちょろちょろしているかな。海に入っちゃえばずっと浸かっていたいくらい自由で最高。だけど、入るまでが……ね。駐車場から海まで近づけるところってあまりないけど、車いすでもアクセスしやすい場所は少しずつ増えているんですよ」

サーフボードを乗せてプールサイドへ。第一人者は「日本でこんなイベントができるなんて素晴らしいこと」と話します

パラサーフィンフェスタの第1部は、競技会です。準備が進む中、取材班は初めて目にするパラサーフィンの世界に興味津々。用具をちょっと工夫して競技を行うパラスポーツの真髄も感じることができます。

腹ばいで乗る選手のボードには、体が落ちないように工夫が施されていました

広告の後にも続きます

さまざまな障がいの選手が参加できるのもこの競技の特徴です。今回は、上肢障がいの<Stand1>、膝下障がいなどの<Stand2>、二―ボードを使用する<Kneel>、腹ばいの<Prone1>、腹ばいかつサポートを必要とする<Prone2>、視覚障がいの<VI>(ビジュアリーインペアード)の6つの障がいクラスに分かれて競技が行われました。

車いすの選手たちはリフトを使ってプールサイドから移乗します 水陸両用の車いすでプールへ向かう藤原智貴選手。介助犬のダイキチが見送ります

トップ選手のライドを見よ

パラサーフィンは採点競技。スピード、パワー、ターンの積極性などが評価のポイントとなります。今回は、3本ずつライディングして、ベストスコア2本の集計スコアで順位を競いました。

なかでも、パラサーフィン日本代表として知られる藤原智貴選手、伊藤健史郎選手、そして小林選手のパフォーマンスは、会場の注目を集めました。各クラスの優勝者でもあるトップ選手たちのライドを写真でお楽しみください。

Prone2クラスで初優勝を果たした藤原智貴選手のライディングは圧巻でした Stand2クラスは伊藤健史郎選手が初代王者に輝きました 膝立ちのKneelクラスは小林征郁選手が優勝しました

見えなくても波に乗る!

続いて登場したのは、視覚に障がいのあるサーファーです。VIクラスの選手は、波の情報を声で伝えるガイドとともに競技を行います。

この競技会には、なんと東京2020パラリンピックの水泳で3つのメダルを獲得した富田宇宙選手が出場しました。

「自然の中で行うスポーツで、水泳とは違う感覚を味わっています。まだ始めたばかりのため、波に自由に乗ることができないので、週1回くらいのペースで続けてうまくなりたいですね。視覚障がいがあると海水浴なんてなかなか行く機会がないと思います。そんな中、サーフィンって自然と触れ合いながら、そしてガイドやキャッチャーなどいろんな人と協力しながら行う独自の魅力があります」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル