top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

維持費1200万円!梅宮アンナが700坪の実家を売却…松本明子も苦しんだ「実家じまい」に共感の声

SmartFLASH

 

 9月6日、タレントの梅宮アンナが『ポップUP!』(フジテレビ系)に出演。父・梅宮辰夫さんが遺した豪邸の売却について語った。

 

 2019年、81歳で亡くなった梅宮辰夫さんの “終の棲家” は、神奈川県真鶴町にあるオーシャンビューの建物。4階建てで敷地面積は700坪という大邸宅だ。

 

広告の後にも続きます

 

 築36年ということもあり、修繕費などがかさんだとアンナは説明。辰夫さんが亡くなってからの2年間で、約1200万円もの維持費がかかっていたと明かした。

 

 アンナは同日、インスタグラムを更新。敷地内の腐った木の撤去費用に40万円、給湯設備の修理に100万円かかったことなどを説明し、《700坪を管理していくには、正直お金持ちレベルではなく、大金持ちじゃないと。。。》《このまま、この家に住むと、私は時間の問題で破産だろうと思いまして。。》と、売却の理由をつづった。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル