top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【F30プロジェクト】生理、PMS、育休・産休……両立支援が充実するのはありがたいけど、特定の部下にしわ寄せが。こんなとき、どうする?

女子部JAPAN

リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかるコミュニケーションや人間関係の問題。相対する人も違えば、状況もさまざまで、「こうすれば正解」がないのが難しいところです。

そこで、女性リーダーたちが実際に体験したコミュニケーションの課題とそれに対するアクションをケーススタディとして紹介。同じような課題を抱える人のヒントになれば、という思いで届けていきます。

今回は、化粧品会社の広報部で幹部職を担うナナコさんが肌で感じている、仕事とプライベートの両立支援における光と影について。お互いにサポートし合おうという前向きな組織でも、誰かに負荷がかかってしまうのが実情。部署内の雰囲気をよく保ち、みんなが気持ちよく仕事をするために気をつけているコミュニケーションのコツを紹介します。

 

ニックネーム:ナナコさん(30代)
8年前に化粧品会社の広告・広報に幹部職として転職。現在はグループ全体の広報チームに所属し、10人程度の部下をマネジメントする。自分から仕事をつくっていく広報の特徴を活かし、バイオリズムの波が下がっているときにはがんばりすぎず、アポ取りなど仕事の種まきに徹し、波が上昇しているときにそれを刈り取ってガンガン楽しく仕事をするというスタイルを確立。

広告の後にも続きます

 

働き方改革を推進! 気軽に休暇を取りやすくなったけど、知らず知らずのうちに仕事が増える人が……

私の職場は、化粧品会社の広報という特性もあって、女性だけのチームで動くことが多くあります。同性だから気を遣わない部分もありますが、逆にお互いに遠慮をして知らないところでストレスを抱えるような場面も。

私が入社した8年前は、出産で仕事を辞める人がほとんどでした。でも、会社を挙げて、女性社員の定着力を上げるために働き方改革を推進。今では、産休や育休などのサポートはもちろん、パートナーが転勤になってもテレワークで働けるようにするなど、かなり手厚い支援制度が整っています。

一緒に仕事をするメンバーは、私と同じ30代をはじめ、20代、40代以上など、いろいろな年代の女性たち。特に30〜40代では育児中の社員も多く、お子さんが小さいとどうしても子育てに比重が傾きがちです。子どもが熱を出して急に帰宅する必要があったり、もともと働くのが好きな人でも無意識のうちに仕事をセーブしてしまうこともあると思うんです。そうすると、ほかのメンバーに「ごめんね」と言ってサポートしてもらうことに。

また、生理痛やPMSがツライ人もいますよね。朝礼で顔を見た瞬間「あ、あの子は、生理だな」とわかるほど重く、普段と同じ仕事をこなせない日があるメンバーもいます。生理やPMSなどで有給を取得することが可能なので、男性の上司にも「今日はPMSなので午後は休みます」とか、わりとみんなが気楽に言える環境になってきました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル