top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

アストンマーティン DB11の特徴は?価格や走行性能を徹底解説

Ancar Channel

こちらのページを見ている方は車の購入候補にアストンマーティン DB11も上がっていて決めきれていない方、DB11に興味を持ち出した方などが多いのではないでしょうか?

この記事ではアストンマーティン DB11の特徴、走行性能、価格について詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてみて下さい。

アストンマーティン DB11の特徴

アストンマーティン DB11の特徴としては空力を意識したスポーティさの中にも高級感のあるラグジュアリースポーツを意識させた見た目と本格的な走りを楽しめるエンジンを搭載しながらも実用性も兼ね備えたその性能にあります。

DB11はDB9の後継機として販売されアストンマーティンの中でも高性能でハイパワーなエンジンを搭載しています。

エンジンはパワフルさに磨きのかかった5.2LツインターボV12搭載車と、4.0Lツインターボ搭載車の2種類があります。

広告の後にも続きます

ボディはクーペとドロップヘッド・クーペ(オープンカー)があり、この2つでは印象が大きく変わりますがアストンマーティンらしいボディの美しい曲線美は変わらず各部にこだわりを感じるデザインとなっています。

さらに走行モードも3種類あり快適な乗り心地を重視したモードから走りを重視したモードまで様々なシーンにあった走行が可能となっており、走る楽しみを味わうこと、普段使いでの扱いやすさ、という違った乗り心地ををボタン1つのモード変更で味わうことが出来ます。

アストンマーティン DB11の走行性能

DB11はアストンマーティンの高性能モデルということもあり、走行性能もとても高く凄まじいポテンシャルを秘めた車になっています。

V12搭載エンジンは最高出力が630bhpで最高速度334km/h、時速100kmまでにかかる加速時間は3.7秒

V8搭載エンジンは最高出力が528bhpで最高速度309km/h、時速100kmまでにかかる加速時間は4秒となっています。

上記を見て貰えば分かるようにとても凄まじいパワーを持っています.。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル