top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ものまね王座決定戦』コロッケが“喧嘩別れ”での降板を激白!

まいじつ

×

コロッケ (C)まいじつ 

クロムハーツの世界的コレクターとして知られる大御所ものまねタレント・コロッケが、芸能界に衝撃を与えた“あの件”について赤裸々に語った。

8月27日放送の『八方・陣内・方正の黄金列伝』(読売テレビ)にVTR出演したコロッケは、1985年の放送初回から出演していた『爆笑!スターものまね王座決定戦』(フジテレビ系)の裏側を暴露。

【関連】『笑っていいとも』観客から罵声! 関根勤がブチギレた過去「プッチーンと」 ほか

コロッケは番組について、「漫才ブームが終わった後で、他に笑いはないかと(世間が)モノマネに飛びついて視聴率が跳ね上がった」と、80年代半ばの世間から人気の理由を分析した。

また、この番組のバブルにより「ものまね芸人はみんなギャラが高くなった」とも暴露。「20万だったのが100万、200万…」「10倍以上に膨れ上がった」など、その凄まじさを語っていく。

広告の後にも続きます

だが人気絶頂のさなか、コロッケは1992年に同番組を降板。これは業界中に衝撃を与えた事件だったらしく、ものまね芸人の原口あきまさも「『番組、ものまね界はどうなるの?』って感じだった」と当時を振り返る。

そしてこの降板劇に関し、コロッケは「率直に言えばケンカして辞めた」と激白する。

漏れ伝わっていたプロデューサーの“鬼”

番組のネタ時間は1分から1分半ほどなのだが、コロッケは「その中ではやれない事がある」と尺が足りないことを指摘し、「俺はもっとやりたかったんですよ。当時の番組プロデューサーと揉めて、上手くいかなかった」と交渉したことを回顧。「こっちの考えと向こうの考えがね」「言っても聞き入れてもらえないし、納得できなくて。他にもあるけど、基本的にはそれが一番の原因」と、“ケンカ別れ”の詳細を明かした。

血で血を洗うドロドロの裏側に、ネット上は

《確か同番組に出ていた聖子ちゃんのモノマネやる人が、このプロデューサーがすごく厳しくて怖い、と言っていた記憶がある》
《コロッケさんの技術がなければブームになることはなかったと思うが、プロデューサーは自分の手柄だと思ってしまったのかな》
《今だったらYouTubeでガンガンいけたでしょうね。そういう意味でもテレビは限られた人が、関係者に認められてようやく活躍出来る機会が増える場所》
《松村邦洋がこのプロデューサーのモノマネをして、清水アキラや他の出演者に受けていて、本人が出てきて台本(?)を投げつけたりしていて面白かったが、あれは100%マジだったわけだ》
《あくまでフジテレビ側は番組全体の構成優先、視聴率優先でモノマネ芸人やモノマネ芸の事は二の次だったのでコロッケさんは降板という手段を選んだ。と言うところかなぁ》

など、衝撃の嵐。30年経ってもなお、世間を驚かせたのだった。

さすがはものまね界のレジェンド芸人。エピソードトークもウケはバッチリとくれば、クロムハーツを爆買いできるほど稼げるわけだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル