top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

160キロ超直球にスライダー、チェンジアップ、カーブ……すべてのボールがキレキレ!大谷翔平&トラウトともに2打席連続三振 マクラナハンの圧巻の投球

ABEMA TIMES

【MLB】レイズ-エンゼルス(8月24日・日本時間25日/セントピーターズバーグ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場した試合で、レイズの先発左腕マクラナハンがサイ・ヤング賞候補に挙がるのもうなずける圧巻の投球を見せた。大谷は第1打席、第2打席と連続で空振り三振。キレのあるボールを投げ続けるマクラナハンに、「打てないやろ今のは」「無駄な球がない」「すごいわ」と視聴者から諦めにも似たコメントが続出した。

【映像】コントロール、キレともに完璧 大谷もお手上げのピッチング

 マクラナハンは1回からトラウトを6球で、大谷を3球でそれぞれ空振り三振に切って取るなどつけ入るスキのない投球を見せる。投げるボールすべてにキレがあり、視聴者からも「反則級だ!」といったコメントが寄せられるなか、エンゼルス打席が2巡目に入ってもそのキレが衰えを見せることはなかった。

 4回の第2打席でもトラウトは2球目、3球目のチェンジアップをいずれも空振りで3球三振。続く大谷に対してもマクラナハンは初球に97.7マイル(約157.2キロ)の速球を投げ込むと、低めにスライダーやチェンジアップを散らすピッチング。大谷もなんとか食らいつきファールにするものの、最後は83マイル(約133キロ)の大きなカーブにバットは空を切り、2打席連続の空振り三振に倒れた。ABEMAで解説を務めた紀田彰一氏も「キレッキレですね」と驚きを隠せない様子だった。

広告の後にも続きます

 好投を続けるマクラナハンの姿にABEMAのコメント欄ではエンゼルスファンからも「コントロール、キレ完璧」「すごいピッチャー」と称賛の声が上がった。さらには「これは無理」「打てる気せーへん」「こんなの打てるか!」「バリエーション豊富すぎて無理やこの投手」「トラウト大谷でも無理なら…」「誰も打てんよ」「ピッチャー代わらんときついな」と諦めにも似た声も多く見られた。

 結局マクラナハンは6回を投げて4安打無失点。最速は99.6マイル(約160.3キロ)を記録し9奪三振の好投を見せるも、両チーム無得点で同点のまま降板した。マクラナハンはこれで防御率は2.20に。勝敗こそつかなかったが、強烈なインパクトを残した。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル