top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

吉高由里子「交通事故で重傷、ICUへ」が人生観変えた 朝ドラ&大河の両方で主演を務めるまでの「葛藤」に称賛

SmartFLASH

 

 NHK朝の連続テレビ小説、大河ドラマの両方で主演をはたした女優の吉高由里子。8月21日にWEBメディア『telling,』で掲載された彼女のインタビューが、話題を呼んでいる。

 

 記事によれば、吉高は2007年、映画『蛇にピアス』の撮影前に、交通事故で重傷を負ったという。ICUに入るほどの大怪我で、撮影スケジュールはすべて飛ぶ事態に。当時を振り返り、吉高は《こんなにも大勢の方が関わっていて、私1人の事故でこんなにも皆さんのスケジュールを引っ掻き回してしまうんだなと。そこから俳優の仕事に対する心構えが変わったと思いますね。》と語っている。

 

広告の後にも続きます

 

 2013年2月21日号の「週刊文春」でも、吉高は過去の交通事故について語っている。《頭を打って、顎を骨折して、何日か経って意識が戻ったときには、自分の名前も言えなくなってたんですね。全部飛んじゃって。》と、かなり壮絶な状況だったことを明かしていた。

 

 医師からは、治療には半年かかるとも伝えられたという。当時、女優業や生きることにそれほど執着していなかったというが、ICUでの経験のなかで、吉高は葛藤していった。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル