top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平も思わず「くそっ!」空振り三振に悔しさ全開の表情がアップに「厳しいところ」の声

ABEMA TIMES

【MLB】タイガース4-0エンゼルス(8月21日・日本時間22日/デトロイト)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場し、第1打席・四球の後の第2打席は空振り三振に倒れた。本人としては打てるボールを打ち損ねたと思ったのか、ベンチに戻りながら大谷は頭を抱えながら顔を歪めていた。

【映像】空振り三振に顔を歪めた大谷翔平

 今季21度目の投打二刀流での先発となっている大谷は、投手として1回の先頭打者にホームランを浴びいきなり1失点を喫してしまう。打者としては第1打席、タイガース先発の左腕ロドリゲスに対しフルカウントから四球を選び出塁するも、後続が続かずエンゼルスは無得点。3回の第2打席もロドリゲスは第1打席同様、徹底して外角低めにボールを集めるピッチングを見せる。なかなか打てるボールが来ない中、フルカウントから真ん中低めのシンカーを大谷は狙いに行くが、捉えることができず空振り。この打席は三振に倒れた。

 低めに決まったボールではあったが、ここまでの投球と比べ真ん中寄りに入ってきたボールだったからだろうか。現地中継では大谷がベンチに戻りながら頭を抱え、悔しそうに顔をしかめる様子が大映しにされていた。これにはABEMAのコメント欄でも「悔しそう」「厳しいところ」「んーいいところに決まる」「いくなら最後の球だったけど、まぁ厳しい、、」と難しい打席だったという声が多く上がった。また、「つま先痛むんじゃ」「ふんばれないスイング」「しんどそう」「イタタタ」などたびたび自打球を当て、前日の試合でも自打球で痛そうにしていた右足を心配する声も見られた。

広告の後にも続きます

 なお投手としても苦しみ、4回5安打3失点4四球で降板。8敗目を喫し、規定投球回「162」を目指す上でも、厳しいマウンドになった。また試合中には球団広報から、試合を退いた理由について、ウイルス性腹痛という発表もあった。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル