top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平は109マイル超えの弾丸二塁打を含むマルチ安打! 一方でファウルチップが直撃して「ウッ」と悶える不安な姿も

THE DIGEST

大谷翔平は109マイル超えの弾丸二塁打を含むマルチ安打! 一方でファウルチップが直撃して「ウッ」と悶える不安な姿も

 現地時間8月20日に敵地で行なわれたデトロイト・タイガース戦に、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は「1番・DH」で先発。4打数2安打(2三振)と活躍。しかし、チームは3対4と接戦を落とした。

 この試合も1対0で競り勝ったエンジェルスは先手を取る。その口火を切ったのは、リードオフマンとして打席に立った大谷だった。初回の第1打席に相手先発のタイラー・アレクサンダーから左中間へ打球速度109.2マイル(約175.7キロ)の弾丸二塁打をマーク。その後に三塁まで進塁した背番号17は、3番ルイス・レンヒーフォのライト前ヒットの間に悠々と帰還した。

 もっとも、米記者ブレント・マグワイア氏が「かなりの当たりだ」と称された大谷のハードヒットがもたらした得点もむなしく、エンジェルスはあっさりと逆転されてしまう。3回までに3点をあげたのだが、先発したリード・デトマーズが6回までに4失点を喫した。
  2回の第2打席にライト前ヒットをマークした大谷は、4回の第3打席は見逃し三振と凡退。さらにチームが逆転されて迎えた7回の第4打席には、ファウルチップが右のつま先に直撃する不運に苛まれる。このとき「ウッ!」という声をあげ、苦悶の表情を浮かべた天才ヒッターは痛みの影響もあったのか、力なく空振り三振を喫した。

 先発投手が持たずに、打線も要所を締められる。そんな見慣れた“パターン”で終盤に失速していったエンジェルス。最終回も今夏のオールスターに選出された剛腕クローザーのグレゴリー・ソトに危なげなく抑えられ、あっけない幕切れとなった。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「英語を話せる人がなかなかいない」“大谷マニア”の米アナリストが念願来日! 初日にカルチャーショックも経験!?

【関連記事】敵主砲の家族も虜! 大谷翔平がコレアの妹にファンサービスで感涙させる。サプライズの兄は「別格だね」と脱帽

【関連記事】“ショータイム”を目の当たりにした相手選手は「正直、言葉で表せない」と脱帽。豪快25号には「どうしたらあんなことができる?」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル