top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

芳根京子“塔子”、担当の田辺桃子演じるバレー選手が海外移籍を断り…

TVerプラス

×

綾野剛が主演を務める日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第8話が、8月21日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

サッカー以外のスキルや経験が何もなくどん底に追い込まれた主人公・新町亮太郎(綾野)が、スポーツマネジメント会社「ビクトリー」の新入社員として一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために奮闘する家族再生の物語。『HERO』シリーズや『海猿』シリーズで知られる福田靖が脚本を担当する。『HERO』シリーズや『海猿』シリーズで知られる福田靖が脚本を担当する。

先週放送された第7話では、梅屋敷聡太(増田貴久)の活躍が話題に。車いすテニス選手の吉木修二(福山翔大)のスポンサー探しに奮闘する姿がネット上で「梅ちゃん回。良かった」「一緒に号泣した」「言葉が心に刺さった」といった声が寄せられた。

<第8話あらすじ>
深沢塔子(芳根京子)が担当するバレーボール選手・古川舞(田辺桃子)に、イタリアの強豪・トリエステから誘いがかかった。世界で活躍するまたとないチャンスだが、舞は移籍を断ると言う。「ビクトリー」の社長・高柳雅史(反町隆史)は何としても彼女を説得するように言うが、塔子は躊躇する。舞との付き合いから、彼女が断るのには何か大きな理由があるはずだと考えていたからだ。しかし、高柳は真崎かほり(岡崎紗絵)を担当につけて、説得に乗り出す。

そして、塔子とかほりは新町亮太郎(綾野)と共に練習場へ。舞はチームの練習後もアシスタントコーチの宮野紘也(大谷亮平)から個人練習を受けるほど熱心な選手で、3人は彼女のチームへの愛着を実感する。そんな中、高柳がとった強硬手段により、塔子と舞の間にある変化が生まれる。

一方、新町の妻・果奈子(榮倉奈々)はレシピ本が人気となり地方での講演依頼が舞い込む。新町は慣れない家事に奮闘していた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル