top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

下部組織出身の久保建英に一撃喰らえば…シャビ・バルサが早くも正念場。派手な補強もバルサらしさが見えず

web Sportiva

×

 2022-23シーズン、リーガ・エスパニョーラ開幕戦。FCバルセロナは本拠地カンプ・ノウで、ラージョ・バジェカーノにスコアレスドロー発進となった。攻勢は明らかで、ボール支配率は67.5%、シュートも21本を放っている。そしてラージョには実は昨シーズンも2連敗しており、苦手としていた。だがいずれにせよ、格下相手にエクスキューズでしかないだろう。

「結果には失望しているよ。(派手な補強で)期待感が膨らんでいただけに、最高のスタートを切ったとは言えない」

 シャビ・エルナンデス監督は、さすがに「チャンスは作った」と、この試合を肯定することはなかった。現地各紙で及第点を与えられたのは、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンとMFペドリのふたりだけ。そこには危機感が滲む。

「中盤で3対2の優位を作り出そうとした。しかし、なかなかうまくいかず、後半になってシステムを変え、ようやく形を作ったが……。今は期待感がプレッシャーにもなっているが、『その重圧は私に向けられたものだ』と選手には伝えた」(シャビ)


開幕戦で退場処分を受けたセルヒオ・ブスケツとシャビ・エルナンデス監督(バルセロナ)

 開幕を迎えたバルサの周囲は、期待と不安が螺旋となって渦巻いている。

広告の後にも続きます

「ラージョがバルサの陶酔を冷ました」

 スペイン大手スポーツ紙『エル・ムンド・デポルティーボ』の見出しは言い得て妙だった。

 シーズンオフの補強は、単純に魅力的に映る。ゴールが計算できるロベルト・レヴァンドフスキ(←バイエルン・ミュンヘン)、ポスト・メッシの左利きアタッカー、ラフィーニャ(←リーズ)、老練な守備者アンドレアス・クリステンセン(←チェルシー)、中盤にインテンシティを与えられるフランク・ケシエ(←ミラン)、そして世界有数の若きセンターバックであるジュール・クンデ(←セビージャ)まで手に入れた。さらに左サイドバックにはチェルシーのスペイン代表マルコス・アロンソと契約が内定。おまけに、ウスマン・デンベレとの再契約にも成功した。

 しかし、移籍金だけで1億5000万ユーロ(約203億円)以上を費やし、13億ユーロ(約1760億円)とも言われる借金があることを考えれば、物議を醸して当然だった。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル