top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マンチェスター・シティ、リバプール、レアル・マドリードら欧州サッカー注目10クラブの新布陣。今季躍進するクラブ、選手は?

web Sportiva

×

カタールW杯(11月~12月)開催の影響で、通常よりも早くスタートしている2022-23シーズンの欧州各国リーグ。国内リーグの優勝と、チャンピオンズリーグでの躍進を狙う強豪の、今季の顔ぶれが気になるところだ。ここでは注目の10チームをフォーメーションと共にチェックする。

◆ ◆ ◆

マンチェスター・シティ(イングランド)

【4-1-2-3】
FW:グリーリッシュ、ハーランド(アルバレス)、フォーデン(マフレズ)
MF:デ・ブライネ(パーマー)、ギュンドアン(ベルナルド・シウバ)
MF:ロドリ(K・フィリップス)
DF:カンセロ、アケー(ラポルト)、ルベン・ディアス(ストーンズ)、ウォーカー
GK:エデルソン(オルテガ)

 悲願のチャンピオンズリーグ優勝に向けて、22歳にして世界最高のストライカーの呼び声も高いアーリング・ハーランドを迎え入れた。また冬に契約を結んでいたこちらも22歳のリバープレートのエース、フリアン・アルバレスが満を持して加入し、リーズのマルセロ・ビエルサ前監督の下で劇的に成長したMFカルバン・フィリップスも参戦。

広告の後にも続きます

 逆にラヒーム・スターリング、ガブリエウ・ジェズス、オレクサンドル・ジンチェンコ、フェルナンジーニョらを放出したが、ケビン・デブライネやフィル・フォーデン、ルベン・ディアス、エデルソンら、既存の主力も健在で、クオリティーは高まったと言えそうだ。ジョアン・カンセロのほかに適任者のいないレフトバックの選手層は、やや心もとないか。

リバプール(イングランド)

【4-1-2-3】
FW:ディアス(ジョタ)、ヌニェス(フィルミーノ)、サラー(エリオット)
MF:チアゴ・アルカンタラ(カルバーリョ)、ヘンダーソン(ケイタ)
MF:ファビーニョ(ミルナー)
DF:ロバートソン(ツィミカス)、ファン・ダイク(コナテ)、マティプ(N・フィリップス)、アレクサンダー=アーノルド(ゴメス)
GK:アリソン(アドリアン)

 近年の成功に大きく貢献したサディオ・マネが去ったものの、ダルウィン・ヌニェスはその穴を補って余りある能力の持ち主だ。この23歳のウルグアイ代表ストライカーは、爆発的なスピードという点ではマネに劣るが、決定力では負けておらず、高さも伸びしろもある。

 1月に加わって即座にフィットしたルイス・ディアス、新契約を結んだモハメド・サラーとディオゴ・ジョタ、万能型のロベルト・フィルミーノ、昨季序盤戦の大ケガから完全に復帰したハービー・エリオットも揃う前線は、新天地を求めた南野拓実とディボック・オリギの不在を感じさせないだろう。

 主戦の多くが30代の中盤には、昨季のチャンピオンシップ(2部リーグ)を制してベスト11にも選出された19歳の新戦力、ファビオ・カルバーリョで血の循環を図る。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル