top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

札幌記念は快速馬たちの後ろで構えるソダシが中心も、同じ4歳牝馬の女王に一発の可能性

web Sportiva

×

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週は”北の大地”が最も盛り上がる一週間ですね。夏競馬唯一のGII戦、札幌記念(札幌・芝2000m)が8月21日に行なわれます。

 今年もGI馬5頭が参戦するなど、豪華なメンバーが顔をそろえました。ソダシがラヴズオンリーユーを下した名勝負から1年。今回はどんなレースが繰り広げられるのか、とても楽しみにしています。

 このレースで、僕がとりわけ注目しているのは、初顔合わせとなるパンサラッサ(牡5歳)とジャックドール(牡4歳)の逃げ争いです。

 現役屈指の逃げ馬同士の激突。レースの予想をするうえでも大きなポイントになりますが、ジョッキーの心理面や駆け引きなども含めて、その攻防には興味がそそられます。

広告の後にも続きます

 さらに、パンサラッサを管理する矢作芳人厩舎からは、同型の僚馬ユニコーンライオン(牡6歳)もエントリー。この馬の存在もまた、いろんな可能性を膨らませ、面白味が一段と増しています。

 まずは、これら3頭がどういった立ち位置をとるのか、分析してみたいと思います。

 ダッシュ力と二の脚の速さは、やはりパンサラッサが一番でしょう。この馬が意図的に下げることをしなければ、自然とハナに立てるのではないでしょうか。

 札幌記念より1ハロン距離が長かった前走のGI宝塚記念(6月26日/阪神・芝2200m)でも、前半3ハロンを33秒台という積極的なラップを刻みました。この馬としては、あの形で逃げ込むのが最良の乗り方であり、今回もそのスタイルは変えないと思います。

 中距離のレースで前半3ハロンを33秒台で入っていく馬など滅多にいません。「付いていったら、共倒れになる」と相手に思わすことができる点からも、逃げ争いでは一歩リードしています。

 続いてジャックドールですが、この馬は先手を奪ってマイペースに持ち込んだ前走のGI大阪杯(4月3日/阪神・芝2000m)で5着と敗戦。この結果を受けて、陣営の考え方に変化があるかどうか。まだキャリアも浅く、今後に向けて戦法の幅を広げたい、という意識が芽生えているかもしれません。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル