top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

400万馬券再び!? 荒れる北九州記念は、「中休み」による高速馬場を先行して押し切る穴馬2頭を狙え

web Sportiva

×

 サマースプリントシリーズの第4戦、GIII北九州記念(小倉・芝1200m)が8月21日に行なわれる。

 同シリーズ第2戦のGIII CBC賞(7月3日/小倉・芝1200m)と同じ舞台での開催ということもあってか、上位3頭を含めて同レースの出走馬が計7頭も参戦する。

 このふたつの重賞は昨年も同じコースで行なわれ、北九州記念の1、2着馬はCBC賞からの転戦組だった。おかげで、今年も同様の臨戦過程を踏む馬たちが中心視されるが、今回はGI桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)3着馬で、前走のGIII函館スプリントS(6月12日/函館・芝1200m)を圧勝したナムラクレア(牝3歳)も参戦。上位混戦でハイレベルな戦いが予想される。

 しかしながら、上位人気馬同士で決着するかというと、そうとは言いきれない。なにしろ、このレースはハンデ戦らしく波乱の連続だからである。1番人気は2008年の勝利を最後に13連敗中。過去10年の成績を見ても、2着が3回あるだけだ。

 翻(ひるがえ)って、6番人気以下の伏兵が過去10年で7勝。2着、3着にも人気薄の台頭が頻繁に見られ、3連単の配当はすべて万馬券。2014年の395万3810円を最高に、2017年の107万8270円、2012年の99万7220円と、高額配当も頻繁に飛び出している。

広告の後にも続きます

 となれば、今年もひと筋縄とはいかないだろう。そんななか、デイリースポーツの大西修平記者は”ある傾向”について、頭に入れておく必要があるという。

「今年と同様、直近2年の夏の小倉開催では、暑熱対策のために”中休み”があったこと。それによって、それ以前とではレースの傾向が大きく異なっているのです。

 過去10年を振り返ってみても、2012年から2019年までは差し馬の活躍が目立っていて、逃げ馬が馬券に絡んだことは一度もありませんでした。それが、ここ2年は逃げたモズスーパーフレアが連続して馬券圏内(3着以内)に入線(2020年=2着、2021年=3着)。同馬が強い馬であることは大前提としてあるのですが、3年前のレースでは4着に敗れています。

 また、昨年の1、2着馬はともに4コーナーで好位3番手にいたヨカヨカとファストフォース。やや重の馬場で前半3ハロンが33秒2と、決してペースが遅かったわけではありません。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル