top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「周りに人がいる環境」と「周りに誰もいない環境」、どちらがモチベーション高く働ける? 500人調査

オトナンサー

×


モチベーションが高まる環境は?

【ひと目で分かる】「周りに人がいる環境」と「周りに誰もいない環境」、調査結果

 オフィス家具の製造・販売などを行うプラス(東京都港区)ファニチャーカンパニーが実施した「職場の居心地WEB調査」の結果を8月18日に発表しました。デスクワーカー500人に「あなたがデスクワークを行うとき、『周りに人がいる環境』と『周りに誰もいない環境』のどちらがモチベーション高く仕事できると感じますか?」と聞いたところ、「周りに誰もいない環境」が50.6%、「周りに人がいる環境」が49.4%と、「ほぼ半々」という結果が出ました。

「ほぼ半々」の結果に

 在宅勤務が働き方の一つとして定着し、「家で仕事する方が、周りから話しかけられなくて集中できる」といった声が聞かれる中、働く人のモチベーションという観点から、オフィスと在宅の優劣などを探ろうと実施。調査は7月5日、従業員数100人以上のオフィスで働く、デスクワークを含む業務を行う会社員、公務員を対象にインターネット上で行い、500人から有効回答を得ました。

「周りに誰もいない環境」の方がモチベーション高く働ける理由について自由記述で書いてもらうと、「集中しやすく、人に気を遣うこともないから」「自分の中で思考を深めていくことをしやすい。予期せぬことに時間を取られにくい」「静かな方が集中できる。話しかけられて仕事が止まることがない」といった声が上がりました。

広告の後にも続きます

 一方、「周りに人がいる環境」の方がモチベーション高く働ける理由については「同じ環境で仕事をしている人がいると思うと励みになる」「周りの人の動きが分かって、自分もやらねばという気持ちになる」「自分の性格的に人の目がないと怠けてしまう」「たまには周りの人と雑談などした方がモチベーションが上がる」といった声がありました。

 同社は「一人でもこなせるはずのデスクワークで、『周りに人がいた方が、自分はモチベーションが上がる』と感じている人が約半数いることが分かりました。結果が半々に分かれていることを考えると、(企業としては)どちらのニーズにも柔軟に対応できるよう環境を整えることが必要になりそうです」とコメントしています。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル