top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Twitterで1話目公開後、即1万RT達成の話題作!モンゴル帝国を揺るがした魔女の一生を描く歴史マンガ「天幕のジャードゥーガル」コミックス第1巻が発売

music.jpニュース

×

Twitterで1話目公開後、即1万RT達成の話題作!モンゴル帝国を揺るがした魔女の一生を描く歴史マンガ「天幕のジャードゥーガル」コミックス第1巻が発売

株式会社秋田書店は、8月16日にトマトスープによるモンゴル後宮譚「天幕のジャードゥーガル」のコミックスを発売し、その1話目の内容を作者がツイートしたところ、1万RT、3万を超えるいいね!を獲得し、話題となっています。

13世紀、地上最強のモンゴル帝国に「知」で立ち向かう元奴隷の少女の一生を描く歴史マンガ「天幕のジャードゥーガル」。
8月16日にコミックス第1巻を発売し、Twitterの作者アカウントより第1話をツイート(

https://twitter.com/Tsoup2/status/1559102648028041217)

したところ1万RT、3万いいね!を獲得。
電子書店Kindleの少女マンガランキングでも1位(8/18現在)を記録しております。

掲載しているWEBマンガサイト「Souffle」(

https://souffle.life/)

でも月間PVの1/3を1日で達成いたしました。

被侵略地の少女奴隷の視点から新たにモンゴル帝国史を捉え直す本作は、戦争がもはや遠いものではない今の世界にこそ必要な物語。(弱者の少女が手にした「知」という武器は、やがて彼女を大帝国を揺るがす魔女へと変えていく。)歴史、モンゴル、後宮、シスターフッド、ピカレスク作品に興味のある方には特に必携の一冊です。作者は、デビュー作『ダンピアのおいしい冒険』が宝島社「このマンガがすごい!2021」オトコ編第6位、「WEBマンガ総選挙2020」第4位に輝いた歴史マンガの麒麟児・トマトスープ氏。本作は構想10年以上、満を持しての本領発揮題材で、連載開始当初からコミックス化希望の声が多数寄せられた超反響作品です。


あらすじ

物語の舞台は13世紀のイラン東部の都市・トゥース。奴隷市場を訪れた学者一家の妻・ファーティマは、ひょんなことから奴隷の少女・シタラを引き取ることになる。最初はにこにこと笑っていたが、次第に家に帰りたいと駄々をこね始めるシタラ。すると一家の息子・ムハンマドが、とある方法で賢くなることの大切さを説いていき……。シタラはのちに巻き込まれる大きな事件に、その知識と知恵を駆使して立ち向かっていく。奴隷の少女が歩む道とは、知性の美しさと可能性を描いた作品です。


作品概要

・発売日:2022年8月16日発売
・タイトル:天幕のジャードゥーガル
・巻数:第1巻
・作者:トマトスープ
・体裁:B6判 ・定価:本体600円+税
・発行/秋田書店 ボニータ・コミックス
・1話目 試し読みURL:

https://souffle.life/manga/tenmaku-no-ja-dougal/20210925/



(C)トマトスープ(秋田書店)2022

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル