top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヴィッセル神戸がACL8強へ。J1首位の横浜F・マリノスを上回る攻撃力を発揮できたわけ

web Sportiva

×

 これだから一発勝負は面白く、また怖い。

 今季J1の順位表(8月18日現在、以下同)に目をやれば、横浜F・マリノスの名前が一番上にあるのに対し、ヴィッセル神戸は下から3番目。神戸がこれまでに積み上げた勝ち点24は、横浜FMのちょうど半分にすぎない。

 にもかかわらず、である。

 AFCチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦。日本勢同士でベスト8進出を争うこととなった一戦は、神戸が横浜FMに3-2で勝利した。

「試合はある程度、自分たちのプランどおりにいったところがある。相手は(J1で)首位のチーム。多少やられるのは覚悟していた。それでも、選手は前に行く姿勢を忘れず戦ってくれた。結果が出てよかった」

広告の後にも続きます

 今季途中から神戸の指揮を執る吉田孝行監督がそう語ったように、立ち上がりから自分たちのペースで試合を進めたのは、J1では16位に低迷する神戸のほうだった。

 今季J1で圧倒的な攻撃力を誇る横浜FMに対し、神戸は専守防衛策に追われることなく、前線に残したFW大迫勇也を軸に、カウンターをチラつかせることで相手の重心を後ろに下げさせた。


ACLラウンド16で、横浜F・マリノスを撃破したヴィッセル神戸

「少し躊躇していた」

 自らの選手の様子をそう表現したのは、横浜FMのケヴィン・マスカット監督である。

 本来の距離感でパスをつなぐことができない横浜FMは、なかなかリズムがつかめない。どうにかパスをつないで前進しても、攻撃は単発で終了。セカンドボールを回収して連続攻撃につなげる、得意の展開には持ち込めなかった。

 対照的に次々と効果的な攻撃を繰り出したのは、今季J1での総得点数で横浜FMの半分にも満たない神戸である。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル