top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

井之脇海のギャップを黒島結菜も称賛 『ちむどんどん』異様な人気を誇る矢作が再登場へ

Real Sound

×
『ちむどんどん』写真提供=NHK

 『ちむどんどん』(NHK総合)第20週「青いパパイアを探しに」より、「アッラ・フォンターナ」の元従業員・矢作(井之脇海)が再々登場する。

参考:『ちむどんどん』残り約1カ月で“タイトル回収” 田良島の男泣きに込められた人と人の繋がり

 憎まれ役ながら異様な人気を誇る矢作の「まさかやー!」な予告出演にファンからは歓喜の声が上がっているが、無精髭を生やしたその落ちぶれようには同時に心配の声も聞こえてくる。

 公式サイトで公開されている「黒島ラヂオ」では、矢作を演じる井之脇海の印象について、ヒロイン・暢子を演じる黒島結菜が触れており、「本当に海くんって、服とか髪型一つで本当に違う印象になるじゃないですか。すごい魅力的な俳優さんだなって思います。髭の矢作さんは矢作さんじゃないみたいでした。ギャップがすごくて。矢作さんがこれからどう暢子たちと関わっていくか、そこ大事なので。楽しみにしていただけたら嬉しいですね」とコメントしている。

 一方で、第20週は歌子(上白石萌歌)がフォーカスされる週でもあり、この2人にドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)を思い浮かべる視聴者も少なくない。(渡辺彰浩)

TOPICS

ジャンル