top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

振り込め詐欺組織 VS すべてを奪われた元刑事、壮絶な戦いへ 映画『声/姿なき犯罪者』アクション満載の予告編を解禁

SPICE

(C)2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED


韓国映画『声/姿なき犯罪者』(原題:보이스)が10月7日(金)に公開されることが決定。あわせて、日本版ポスタービジュアルと予告編が解禁された。

『声/姿なき犯罪者』は、SNSやスマホアプリなどを使うなど、手口が巧妙になりつつある韓国の振り込め詐欺を題材に初めて映画化した作品。『ホワイト:呪いのメロディー』などを手掛けた双子のキム・ソン&キム・ゴク監督がメガホンをとり、韓国の知能犯罪捜査隊を取材するなど、徹底したリサーチをもとに完成させた作品だという。本国韓国では、公開初週の興行成績ではマーベル作品『シャン・チー/テン・リングスの伝説』を抑えて首位を記録したとのこと。

(C)2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED


主演は、『茲山魚譜 チャサンオボ』や、『太陽は動かない』など知られるピョン・ヨハン。本作では振り込め詐欺の被害にあった妻や同僚たちの苦しみを胸に、30億ウォンを取り戻すため詐欺グループに立ち向かう元刑事ソジュンを演じている。また、巨大な詐欺組織の総責任者・クァクをキム・ムヨル(『悪人伝』や『記憶の夜』など)が演じているほか、キム・ヒウォン(『ジャンルだけロマンス』)、パク・ミョンフン(『ただ悪より救いたまえ』)、イ・ジュヨン(『サムジンカンパニー1995』)らがキャストに名を連ねている。

広告の後にも続きます

建設現場で働く元刑事の男は、愛する妻と平穏な日々を過ごしていたが、振り込め詐欺の罠にかかり大金を失ってしまう。怒れる男は刑事の勘を呼び覚まし、奪われた金を取り戻すため、詐欺組織に潜入。復讐を果たす決意を固めるのだった。 

解禁された予告編では、「目標額は180憶ウォン」との声のもと、机に向かって多数の人員が作業する部屋が映し出される。そして、建設現場で働くソジュン(ピョン・ヨハン)の妻に「友人の弁護士キム・ヒョンスです」と名乗る電話が。「夫がケガを?」と驚き、スマホからお金を振り込む妻。詐欺組織の本拠地では“入金”の札があがり、「振り込め詐欺は“共感”が重要だ」と責任者クァク(キム・ムヨル)が力説し、またたく間に詐欺が成功するまでが描写されている。

(C)2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED



(C)2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED


全てを失ったソジュンは、妻や同じように騙された同僚たちの金を取り返すため、組織への潜入を決意。詐欺事件を追いかける刑事(キム・ヒウォン)らの驚きをよそに、元刑事だったソジュンは危険を顧みずどんどん組織の内部に入り込んでいく。映像では、非情な詐欺を続けるクァクたちと、「殺す」と決意するソジュンの対決が、緊迫感あふれるアクションとともに描き出されている。

(C)2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル