top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヘイリー・ビーバー、ジャスティン・ビーバーとの「山あり谷ありの結婚生活」について語る

フロントロウ

×

ヘイリー・ビーバーがジャスティン・ビーバーとの山あり谷ありの結婚生活について語った。(フロントロウ編集部)

ヘイリー・ビーバーがジャスティン・ビーバーとの結婚生活での試練を振り返る

 2018年にシンガーのジャスティン・ビーバーと結婚したモデルのヘイリー・ビーバーが、米Harper’s Bazaarのインタビューでジャスティンとの山あり谷ありの結婚生活を振り返った。

 以前、フロントロウでお伝えしたが、ヘイリーと結婚する前からメンタルヘルスの問題を抱えていたジャスティンは、結婚後もうつ病の治療を受けるなど精神的に不安的な時期があり、結婚生活を続けていく自信を失くしたヘイリーは母親に泣きながら電話したこともあった。その時期を脱してからは平穏な日々を送っていたが、今年3月、ヘイリーが脳血栓で緊急入院し、後日行なった検査で心臓に問題が見つかって手術を受けることに。また、6月にはジャスティンがラムゼイハント症候群と診断され、治療に専念するためツアーの一時中断を余儀なくされるなど、夫婦そろって立て続けに健康問題に直面した。 

 ジャスティンとの結婚生活における挑戦について、ヘイリーはこのように語っている。

広告の後にも続きます

 「物事を理解してから結婚するのではなく、結婚してから物事を理解するんだと思います。人生は試練の連続です。日ごと、週ごと、年ごとに。その最たる例が、この半年間で私たち2人が非常に深刻な健康問題を経験したことだと思います。この最悪の事態にどう対処するか考えなければなりません。(結婚式の宣誓で)『どのような運命になろうとも』と言いますが、本当にそのとおりですね!」

 また、子どもについて聞かれると、具体的なプランについては明かさず、「彼は私にとって、“今すぐにでも飛んで帰りたい”と思える人です。たまに遠くへ仕事に行くことがありますが、“早く彼のもとに戻って一緒に過ごしたい”と思ってしまいます。そして、そう思えるのは双方の努力があったからこそだと感じています。結局のところ、彼は私の大親友ですが、それでも、うまくいくようにするためには多くの努力が必要です。いずれ子供ができるかもしれませんが、そのときはまた別の努力が必要になるんだろうなと思います」と言うにとどめた。(フロントロウ編集部)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル