top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

母ゆずりのパールのネックレス、カジュアルに使えるようになった意外なきっかけ

女子SPA!

×

母ゆずりのパールのネックレス、カジュアルに使えるようになった意外なきっかけ

『わたし史上最高のおしゃれになる!』『お金をかけずにシックなおしゃれ』などの著書があるファッションブロガー小林直子さんが、愛用しているアイテムをご紹介します。

◆ノスタルジックなパールのネックレス
 パールのネックレスのことを考えると、どこかノスタルジックな気分になります。それはきっと、昭和の時代のお母さんたちの多くがパールのネックレスをしていたり、持っていたりしたことを覚えているからでしょう。

 必ずしも、マリリン・モンローが持っていたパールネックレスと同じブランドのものではないけれども、どこかで買ったものか、買ってもらったものか、または贈られたパールのネックレスで、昭和のお母さんたちはそれを引き出しの奥か、または宝石箱にしのばせて、時々うっとりしながら取り出してみては、またしまうといったことを繰り返していたのではないかと想像します。

 2000年になる前ぐらいまでのファッション誌には、「女性が持つべきジュエリー」としてパールのネックレスが推奨され、それを見る私たちも、その値段を見てはため息をつきながら、いつかは欲しいな、などと思っていたものでした。

 しかし変化が起こりました。ほとんどの女性たちにパールのネックレスがいきわたったと、誰かが判断したのでしょうか。ある時期を境にパールネックレス推奨キャンペーンはなりをひそめ、そのかわりに一粒ダイヤモンドのペンダントが「女性が持つべきジュエリー」として出現。

 昭和のお母さんの娘の世代にとって、パールのネックレスは必ずしも「女性が持つべきジュエリー」ではなくなり、街中でパールのネックレスを見る機会はもっぱら上から下まで黒ずくめの弔問客の首元ばかり、という時期が長く続いていたように思います。

◆パールが似合うフォーマルな場面はそう多くない
 自分のものかどうかはさておき、家の中のどこかにパールのネックレスをしまっている人は多いはず。だけれども、日常的にしている人はぐっと少ない。

 その理由はきっと、高価なパールのネックレスはカジュアルな装いよりも、フォーマルな装いのほうがお似合いで、そんなフォーマルな装いが必要な場面というものは、めったにないものだからでしょう。

◆韓国ドラマきっかけで、パールを普段使いに
 そういう私も他界した母親が持っていた2本のパールのネックレスについて、そのうちの1本は値札がついたままの新品であるにもかかわらず、あえて日常的に使おうとは思いませんでした。理由は私の普段のスタイルには合わないと感じていたから。

 それがパールのネックレスの普段使いについていいなと思ったのは去年のこと。

『海街チャチャチャ』という韓国ドラマを見ていたら、主人公の歯科医の女性がボーダーシャツにパールのネックレスというスタイルで登場。よく見ると、それは普通のパールのネックレスではなく、途中にパールではないパーツがアシンメトリーに配してあるものでした。

 そうすることによって、パールのフォーマル感が薄れ、俄然とカジュアルなスタイルに合わせやすくなるということが、このドラマを見てわかりました。

◆カジュアルにリフォームしてもらった
 どうせ使わないパールのネックレスです。何年も糸替えもしていないだろうし、ちょうどいい機会なので、糸替えするついでにシルバーのバロックパールを一つ入れ、留め具をマンテルタイプに変更するリフォームを近くのジュエリーショップに依頼しました。

 また、よりカジュアルな感じにするためにチョーカーのように短くしてもらって、完成したのが写真のパールのネックレスになります。

 ジュエリー店には最初に予算は1万5000円以内でとお願いし、その範囲内でパーツを選びましたが、元のK14の金具を売却したので、結果的に少しこちらに返金がありました。

◆パソコンのモニター越しの会話でも話題に
 ちょっとしたリフォームで大変身したパールのネックレス。ほんのちょっとしたことなのに、Tシャツのようなカジュアルな服にも合うようになりました。

 そのおかげで、いつあるかわからない出番を待って、ただ引き出しの奥のほうへと追いやられているだけだったパールのネックレスの出番がふえ、呼ばれてはあちこち出演する売れっ子ジュエリーになりました。

 特に現在、直接会うことがままならないご時世です。パソコンのモニター越しにミーティングをする機会も多く、そんなときにこのネックレスはうってつけ。

 見ている方とも「あら、それどうしたの?」「これ、母親のパールのネックレスをリフォームしたの」などと話が弾み、「私もリフォームしてみる!」ということで、今まで出番がなかった売れない役者みたいだったよそのお宅のパールのネックレスにも出番が回ってきそうな予感がします。

◆輝いてこそのジュエリー
 パールのネックレスにしてみれば、「どんなに私が素敵でも、見られないと光らないのよ!」とばかりに輝きを取り戻し、引き出しの隅っこ暮らしから脱出できたことを喜んでいる様子。

 めったにない冠婚葬祭や、いつかあるかもしれないフォーマルな集いを待っているばかりではパールのネックレスを数回つけただけで人生が終わってしまうでしょう。

 輝いてこそのジュエリーです。気が変わったらまたもとに戻せるという意味でも、パールのネックレスのリフォームはお勧めです。

<文/小林直子>
【小林直子】ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。著書『わたし史上最高のおしゃれになる!』など。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル