top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

100万円のコースが即日完売! 本のフェス「前橋BOOK FES 2022」クラウドファンディング、リターンも豪華

BOOKウォッチ

×
(イベント名)前橋BOOK FES 2022(KADOKAWA)

 2022年10月29日、30日の2日間、群馬県前橋市で本のフェス、「前橋BOOK FES 2022」が開催予定だ。

 イベントのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは、前橋市出身で「ほぼ日」代表の糸井重里さん。「本でみんなが元気になる。」をコンセプトに、フェス当日は、本好きがおすすめの蔵書を持ち寄る「本のトレード」エリアを中心に、トークショー、ワークショップ、朗読会、音楽ライブなどさまざまな催しを予定している。地元商店街も参加し、本と人、人と人、人と街の新しい出会いをつくるのがねらいだ。


 前橋BOOK FES実行委員会(実行委員長:山本龍 前橋市長)は、フェスの開催に向けて8月17日(水)から9月26日(月)23時までクラウドファンディングを実施。第一目標は1000万円、最終的には3000万円を目標に支援金を募集する。「このフェスをこれからずっと続いていくサステナブルなものとするために、初開催の今回から行政の補助金や協賛金などを主な財源とするのではなく、楽しそう、面白そうと思ってくれた人たちと一緒にこのフェスをつくってきたいと考え、クラウドファンディングに挑戦することを決め」たという。

糸井重里がつくる「あなたのポスター」100万円!

 フェス自体も盛りだくさんだが、支援すると受け取れる「リターン」もバリエーションに富んでいて楽しい。支援金額も1000円から100万円までと幅広く、さまざまなコースが用意されている。

 ここでは、一部を紹介しよう。

広告の後にも続きます

必ずもらえる!「あの人の本」応募券コース 価格:10,000円

作家、ミュージシャン、漫画家、建築家、経営者、アスリート、落語家、俳優などなど‥‥。いろんなジャンルで活躍する「あの人」の蔵書が1冊、必ずもらえます。誰のどんな本が当たるかは、中を見るまでのおたのしみ。あの人からのメッセージやサイン、傍線や落書きなどが混じっている場合もあります。本を寄贈していただくゲストは、今後もまだまだ増えていく予定です。
※本のお届けはイベント終了後になります。

本の寄贈が決定しているゲスト一覧(2022年8月17日現在)
秋山具義さん、池上彰さん、糸井重里、伊藤まさこさん、亀田誠治さん、小山薫堂さん、清水ミチコさん、田中仁、谷川俊太郎さん、為末大さん、壇蜜さん、永山祐子さん、樋口可南子さん、平田晃久さん、藤本壮介さん、古川日出男さん、松岡和子さん、みうらじゅんさん、三浦崇宏さん、矢野顕子さん、山極壽一さん、吉本ばななさんetc…(五十音順)

<リターンの内容>
●「あの人の本」1冊
●お礼のお手紙
●ヨシタケシンスケさんイラストデザインのスマホロック画面用画像
●前橋BOOK FES参加パスポート
※このリターンは「前橋BOOK FES大満喫コース」にも含まれています。
すべてのリターンに、前橋BOOK FESのキービジュアルを担当するヨシタケシンスケさんのイラストで作ったスマホロック画面用画像が含まれる。

50名様限定!「おもしろブックフェス酒場」入場券コース 価格:10,000円

トークショーに参加するゲストが入れ代わり立ち代わり訪れる店「おもしろブックフェス酒場」を前橋BOOK FES内にオープン。訪れたゲストたちを交えて、本の話をしたり聞いたり、みんなでたのしい時間を過ごしましょう。お酒を飲まない方も大歓迎です。
※未成年は参加不可。お店での飲食代は個人負担となります。
※オープンは17時以降を予定しています。

酒場に来るかもしれないゲスト一覧(2022年8月17日現在)
糸井重里、田中仁(メガネのJINSの経営者、前橋市出身)、etc…(順不同)

<リターンの内容>
●「おもしろブックフェス酒場」入場券
●お礼のお手紙
●ヨシタケシンスケさんイラストデザインのスマホロック画面用画像
●前橋BOOK FES参加パスポート

10名様限定!糸井重里キャッチコピー制作コース 価格:100,000円

エグゼクティブプロデューサー糸井重里が、10名様限定であなたのためにキャッチコピーを作成します。
個人でも、企業、お店や団体でも大丈夫です。
※打ち合わせあり。詳細は2022年10月中にご連絡します。

<リターンの内容>
●糸井重里があなた(個人・企業・団体・お店など)のキャッチコピーを制作
●お礼のお手紙
●ヨシタケシンスケさんイラストデザインのスマホロック画面用画像
●前橋BOOK FES参加パスポート
糸井さんがあなたのキャッチコピーを考えてくれる、まさに特別なリターン。

 キャッチコピーのほかに、3名限定で糸井さんがあなたの宣伝ポスターを制作するコース(お値段なんと100万円!)もあるが、いずれも初日ですでに完売している。

 また、 広瀬川河畔緑地に設置されている岡本太郎さんの幻の作品「太陽の鐘」を特別に撞かせてもらえる「太陽の鐘を撞こうコース」(5000円)や、JINSのリーディンググラスがもらえるリーディンググラス「JINS READING」コース(1万円)、プラス オフィスチェア「Fita(フィータ)」コース(20万円)、白井屋ホテル宿泊コース(50万円)などのほか、リターンを受け取らず、純粋に支援したい方のための「応援の気持ちコース」(1000円~100万円まで)も。数量限定のものもあるので、気になる方は早めにチェックしよう。

プロジェクトページURL: https://readyfor.jp/projects/maebashibookfes

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル