top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

土屋鞄製造所が“ガラス器”の専門店「つちや 浅草合羽橋本店」オープン、切子グラスなど約1,000点

FASHION PRESS

×

土屋鞄製造所が“ガラス器”の専門店「つちや 浅草合羽橋本店」オープン、切子グラスなど約1,000点

土屋鞄製造所(TSUCHIYA KABAN)が手がける“ガラス器”の専門店「つちや(TSUCHI-YA) 浅草合羽橋本店」が、2022年8月18日(木)に東京・浅草のかっぱ橋道具街通りにオープンする。

“ガラスの器と工芸”約1,000点が揃う専門店

「つちや(TSUCHI-YA)」は、グラスを中心とするガラスの器と工芸を取り扱う専門店。透明のガラスコップをはじめ、ワイングラスやロックグラスなどの酒器、カラフェ(水差し)など約1,000点ものガラス製品を展開する。加えて、花器や照明などインテリアアクセサリーも販売する予定だ。

ガラス作家が手がける江戸切子グラスやモダンなガラスの器

「つちや」の店頭に並ぶのは、伝統工芸士の切子職人や国内外で活躍するガラス作家ら35人以上が手がけたガラスアイテム。ハンドメイドならではの風合いとモダンなデザインを楽しめるガラス器や、現代のライフスタイルになじむデザインに仕上げた江戸切子のグラス等、ものづくりにこだわる全国の“ガラス工芸の作り手”によるプロダクトが揃う。

ガラスに砂を吹き付けて模様を描く「サンドブラスト」や、息を吹き込み成型する「吹きグラス」など、多彩な技法によって作られたガラス器に注目だ。

1階はショップ、2階はギャラリーに

「つちや 浅草合羽橋本店」の店舗は2フロアにて構成。1階では江戸切子グラスや沖縄の工芸品「琉球ガラス」のグラス、コップ、植物モチーフのグラスなど、ガラス製品の数々を作家別に分けて展開する。また、各作家のアイテムに加え、「つちや」ブランドオリジナル商品も販売する。

広告の後にも続きます

2階はギャラリーとして、作家や技法にフォーカスした企画展示を随時開催。カラフルな江戸切子のグラスなど、芸術的なガラス製品の販売も行う。

【詳細】
つちや(TSUCHI-YA) 浅草合羽橋本店
オープン日:2022年8月18日(木)
※ECサイトは9月下旬頃開設予定。
住所:東京都台東区西浅草2-5-4
TEL:03-6555-2270
定休日:月・火曜、年末年始
営業時間:10:00~17:00
フロア構成:1Fショップ/2Fギャラリー
価格帯:2,500円~30万円程度

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル