top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ユニコーンに乗って』永野芽郁が合宿で見せた特別な視線 佐奈と功の関係に胸が詰まる

Real Sound

×
『ユニコーンに乗って』(c)TBS

 “歯がゆさ”が大渋滞の『ユニコーンに乗って』(TBS系)第7話。業界最大手「ゲームアカデミア」の CEO・永瀬(松尾貴史)が「スタディーポニーキャンパス」(以後、「スタポニキャンパス」)の技術を横取りし、特許申請をしていたショックからなかなか立ち直れない「ドリームポニー」(以後、「ドリポニ」)の面々に、羽田(広末涼子)はリフレッシュ合宿を提案する。

参考:『ユニコーンに乗って』西島秀俊演じる“シゴデキ”小鳥が大活躍 切ない佐奈と功の関係性

 次郎(前原滉)から功(杉野遥亮)との関係について聞かれた佐奈(永野芽郁)が言う「何もないよ。功とはいつもそうだから」も何だか切ないし、功の好きな缶ジュースを見て思わず「好きだったなぁ……」と口走る佐奈も、それが過去形であることも気になる。

 功も功で、咄嗟に佐奈に差し出した手を引っ込め照れ隠しに悪態をついてみたり。たまたま夜に花火をすることになった佐奈と小鳥(西島秀俊)が2人ではしゃぐ姿を窓からただ眺める他なかったり、車内ではバックミラー越しに後部座席で寝落ちする佐奈が小鳥の肩に寄りかかる瞬間を捉えてしまったり。功目線で紡がれる物語やシーンが差し込まれる度、“誰より近い距離にいるはずなのに遠い”功と佐奈特有の関係性が浮き彫りになり、こちらまで胸が詰まりそうになってしまう。

 我を忘れてバードウォッチングに夢中になる小鳥を見守る佐奈の優しい視線は恋する乙女のそれなのだろうか。花火と言えば“ちょっと贅沢な遊び”で、子どもの頃にはできなかったという共通の思い出を持つ小鳥と佐奈。近しい原風景を持つ2人にしか共有できない感覚や言語化できない思いがあり、そんな2人の間でしか流れない空気感が確実にあるのだろう。

広告の後にも続きます

 佐奈が小鳥と一緒にいると「心がポカポカする」のは、自分がこれまで歩んできた道を“間違ってなかった”と静かに無条件に肯定してくれるように感じられるからかもしれない。もしかすると、佐奈にとっては功が“一緒に”幸せになりたい相手で、小鳥は“幸せになってほしい、いつも笑っていてほしい”人なのではないだろうか。

 本作では小鳥は一貫して「人は何歳からでも変われる」ことを体現する存在として描かれているが、それがこのリフレッシュ合宿中にたまたま出会った郊外の中学校の先生や生徒にまで波及していくのが鮮やかで見事だ。タブレットを支給されたもののネットでの学習に後ろ向きな意見や警戒心を持つ保護者からのネガティブな反応もあり、元々ネットに疎く上手く活用できていないという教師に、変化に伴う怖さだけでなく、その先に待ち受ける楽しさに想いを馳せさせていた。

 さて、気になるのは、本当に今回の「スタポニキャンパス」の技術流出は海斗(坂東龍汰)によるものだったのだろうか。永瀬の口から彼の名前が出ただけで、海斗本人にその真偽や事情は確かめられていない。しかも永瀬にとっては実はこの技術の特許取得が目的ではなく、海斗という天才プログラマーの獲得こそが“本当に欲しいもの”だったことも明かされている。

 次週、新たなエンジニア獲得のためにeスポーツ大会に参戦することになるチーム「ドリポニ」。そこで「ゲームアカデミア」側の人間として海斗との直接対決などもあり得るのだろうか。合宿帰りに立ち寄った神社で、小鳥が買っていた海斗の分のお守りが、かけ違ったボタンを直すきっかけになってくれることを祈りながら見守りたい。(佳香(かこ))

TOPICS

ジャンル