top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ピアニスト石井琢磨、アルバムリリース&記念コンサートの開催が決定! 「充実感と幸せな気持ちが詰まっている」

SPICE

×

石井琢磨



2022年8月、クラシック界にうれしいニュースが飛び込んできた。自らのYouTubeチャンネル「TAKU音-TV」がフォロワー数20万人に達し、秋のコンサートツアーも完売御礼の中、ピアニスト石井琢磨初のメジャー流通CD『TANZ』がイープラス・ミュージックから9月21日(水)にリリース決定となり、さらにチケットが取れないことでファンをやきもきさせていたリサイタル・コンサートがアルバムリリース記念コンサートの形で9月24日(土)に浜離宮朝日ホールで開催されることまで発表された。今、日本のクラシック音楽シーンでも、新しい存在感を放ち、反田恭平や角野隼斗につづき、台風の目となっているピアニスト=石井琢磨に、CDへの思いを聞いた。

石井琢磨『TANZ』ジャケット


――石井さん、まずはCDのリリース決定おめでとうございます。

ありがとうございます。ここ半年ずっと準備してきたことをやっと皆さんにお伝えすることができて、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

広告の後にも続きます

――アルバムのタイトルは「TANZ」(タンツと読む)、ドイツ語で「踊り」を意味する言葉だとうかがいましたが、タイトルに込めた石井さんの思いや狙いを教えてください。

10年ほどウィーンで暮らし、音楽を学んできたのですが、皆さんご存知の、お正月に日本でも毎年生中継されるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートで見るように、ウィーンでは「ワルツ」という踊りの音楽スタイルが自然に息づいています。僕もコンサートでよくワルツを好んで弾くのですが、そんなこともあって「踊り」を意味するドイツ語「TANZ」が思い浮かんで、この言葉を軸に選曲してみたら、自分らしくて皆さんにも楽しんでもらえるアルバムにできるのではないかと考えました。

――とはいえ、ワルツにとどまらない、幅広い「踊りの音楽」が、国境も越えて選ばれていて、とても楽しくアルバム一枚を聴けました。

そんな風に言ってもらえると嬉しいです。自分にとっては新しい挑戦だった、バルトークの「ルーマニア民俗舞曲」やスペイン近代の作曲家ファリャの「火祭りの踊り」、同じスペインでも少し静謐な空気を湛えた、知る人ぞ知るというタイプの作曲家モンポウの「歌と踊り第6番」など、ピアノで表現できるいろいろな踊りのスタイルを体験してもらえるようになっています。また、ワルツも、ショパンの「猫のワルツ」などワルツだけでも国や作曲家が変わると少し雰囲気が違ってくることを楽しんでもらえるように仕上げられたと思います。

――ボーナス・トラック的な感じで、フランスの作曲家エリック・サティの「ピカデリー」も収録されていますね。

タイトルのうしろにマーチと表記されていますが、実はアメリカの黒人音楽などの影響を受けたケークウォークという、19世紀末パリのカフェ・コンセールで流行したダンス音楽のスタイルなんですよ。また、この曲は今某自動車のテレビCMの音楽としてものすごくオンエアされていて、「あっあの曲だ!」と思ってくれる人もとても多いと思います。普段の生活の中でクラシック音楽が息づいていること、身近なものであることを感じてもらいたくて、急遽選曲して録音することに決めました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル