top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

HUNTER×HUNTER冨樫義博先生が漫画にデジタル作業を導入した結果 → 負担増えた

ガジェット通信

人気漫画『HUNTER×HUNTER』(ハンターxハンター)の作者であり、世界中にファンがいるカリスマ的漫画家といえば、冨樫義博先生(56歳)である。そんな冨樫義博先生は『HUNTER×HUNTER』を休載しているが、多くのファンが連載再開を待ち望んでいる。

冨樫義博先生にとある出来事が発生

冨樫義博先生は自身の公式Twitterを開設し、漫画原稿の進行状況をファンに伝えていたが、突如として「症状が改善せず、治療・回復に時間を大幅に割く事になりました」とコメント。ファンたちが心配していたが、また新たな展開があった。

<冨樫義博先生のTwitterコメント>

「No396…台詞清書完了。原稿を半デジタル化した事で負担が増えた気がする」

デジタル的な作業を取り入れている漫画家は多い

広告の後にも続きます

漫画家は、とても地道な作業を時間をかけて進める必要がある。それゆえ、作業をスムーズに進めるため、デジタル的な作業を取り入れている漫画家も少なくない。漫画執筆のデジタル化により、作業負担が減り、漫画作りが楽になるからだ。

冨樫義博先生はデジタル作業を続けるのか

しかし、冨樫義博先生はデジタル作業を取り入れたことにより、逆に「負担が増えた気がする」と感想を述べている。手書き100%のときのほうが負担が少なかったようである。はたして、今後も冨樫義博先生はデジタル作業を続けるのか。注目が集まっている。

漫画のどの部分にデジタル要素が!?

漫画のどの部分にデジタル的な要素が付加されているのか、その点が気になるファンもいるようである。それを知るためには、まず連載が再開する必要があるのだが……。無理をせずに漫画を描き続けてほしいものである。


※冒頭画像は冨樫義博先生の公式Twitterより

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル