top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ウチの猫がガンになりました(17)生魚を食べると体重が120グラム増…再び爆食いモードに突入

アサ芸プラス

×

 スーパーで買ってきたメバチマグロの赤身。それを3切れ、食べやすいように小さく賽の目に切って、お皿に並べてみた。ジュテの口元に置くと、においを嗅ぐような仕種をしてから、舌をチョロチョロと動かし始める。ゆっくりだが、完食してしまった。

「やった!」

 砂漠の中で生きていた野生動物の猫は元々、生肉を食べていた。そのDNAは脈々と今も猫たちに受け継がれているのだろうか。

 実は刺身がいいと連絡してきたHさんによれば、生の牛肉もいいという。たまたま新聞を見ていたら、病気になった時は生の牛肉を食べさせる、という記事が載っていたのだそうだ。

 早速、試みたのだが、こちらは受け付けない。だが、マグロに続いて生のカツオも、うまそうに食べてくれた。ジュテはカツオが大好きで、いつも2切れほどを焼いてほぐして、食べさせていた。焼いているのに気が付くと、ニャーニャーとリビングをうろつくほど、好物だ。

広告の後にも続きます

 ということで、10月2日を境に、ジュテの食事はとても豪華になった。生のマグロ、生のカツオ、さらに生のシャケを少量ずつ。ほかにも各種カリカリが並び、6皿くらいが目の前にある。人間よりも豪華な食卓になっていった。

 10月4日。7時過ぎに起きて、ベッドにいたジュテを抱え、リビングで大好きな膝抱っこ。それから生のマグロを賽の目に切って掌に載せたら、一切れをアッという間に完食してしまった。

 昼過ぎ、動物病院で診察、補液とステロイドを入れてもらい、体重も計ったら、3.7キロに落ちた体重が3.82キロまで増えていた。

 家に戻って「体重が120グラムも増えたよ」と言って、ゆっちゃんと「よかったね」と喜んだ。ステロイドの影響もあるのだろうが、生の魚を食べて活力が出てきたに違いない。

 この日は家に戻ってすぐは、体が落ち着かないのか、シャケもマグロも食べなかったのだが、その後、爆食いモードに突入した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル