top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「虎とかサソリとかはやめて」橋下徹氏が家族のタトゥー問題に言及

アサ芸Biz

×

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(53)が13日放送の「今田耕司のネタバレMTG」(読売テレビ)に出演。自身の娘がもしタトゥーを入れるとしたら、図柄はあるデザインにしてほしいと希望を語った。
 
 この日の放送では、女子を中心に小中学生の間で美容整形が増えていることが取り上げられた。小中学生の整形に対し、スタジオでは「なし」派の意見が飛び交う中で、橋下氏は「あり」派として持論を展開。橋下氏は「害になることとか、やりすぎて歯止めが利かなくなるとか、いろんな問題がありますけども」と、子供の美容整形の危険性はあるとしながら、動画や写真が個人発信できる現代のSNS社会では、小中学生のうちから美意識が高くなることは当然だと語った。橋下氏は「いろいろ相談事項の中で、見た目を悩んで、心の病じゃないけど、ふさぎ込んでしまってるっていう事例が急増してるんです。それは程度によりますけど、毛だとかね、ほくろだったりとか、僕はそういうのは良いんじゃないかなって思うんですよ。ほくろが気になって、内向きな性格になってしまって、表で全部出せないとか、もしそういうことがあるんだったら、取るんだったら良いと思うし、毛だって薄くすることは良いと思うんですけど、ただそれがもっと鼻を高くするとかそういうことになるとね、それは親との話し合い。僕はそれはダメだと思いますけど」と、実際の事例を元に子供の美容整形に関する考えを述べた。

 美容整形を一括りにして否定してはいけないと語った橋下氏は、“タトゥー問題”についてもケースバイケースだと考えているようだ。橋下氏は昨年出演したラジオ番組で自身の長女がタトゥーを入れたがっていることを明かしていた。「僕はやめてほしいんだけど」と、はじめは否定的であったが、グローバルな時代の流れに反しているという理由で、橋下家ではタトゥーを解禁したことも語っていたが、この日の放送でも“タトゥー問題”に言及。まだ長女はタトゥーを入れていないということだが、タトゥーに関するある要望を放送で明かした。

 橋下氏は「父親の意見として聞いてほしいのは、もしやるんだったら、ペットから入ってくれと。図柄。龍とか虎とかサソリとかはやめてくれって。やるんだったら、うちはいま、パグのテンちゃんいるんで、テンちゃんモチーフにして…」と橋下家の「テンちゃん」をモチーフにしてほしいと長女に伝えていると明かした。これには出演者の杉村太蔵も「分かる!それ分かります!」と大爆笑しながら共感していた。

 多様性を尊重する時代の流れを肯定しつつも、娘にイカツいデザインのタトゥーを入れてほしくないという橋下氏の気持ちは、世の父親たちを頷かせた。

広告の後にも続きます

(浜野ふみ)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル