top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

衝撃の1対4トレード。牛島和彦は深夜2時に星野仙一から「ネクタイして待ってるから家に来い」と呼び出された

web Sportiva

×

牛島和彦インタビュー(後編)

前編:ドカベン・香川伸行との思い出はこちら>>
中編:星野仙一にかわいがられた日々はこちら>>


2005年から2年間は横浜の監督を務めた牛島和彦氏

引退も覚悟した「1対4トレード」

── 1986年オフ、39歳で中日ドラゴンズの監督に星野仙一さんが就任しました。それと同時に発表されたのが、ロッテ・落合博満、中日・牛島和彦、上川誠二、平沼定晴、桑田茂による「1対4トレード」でした。当時、牛島さんは25歳、プロ7年目を終えたばかりのことでした。

牛島 右ひじの治療のために、名古屋から下呂温泉に治療に行った時のことでした。着いたらすぐに電話がかかってきて、「すぐに戻って来い」と言われました。「何の用ですか?」と聞くと、「いいから戻って来い。帰ってきたらしゃべるから」って。その時点ですでにトレードの予感はあったけど、まさか「1対4」だとは思わなかったですね。

広告の後にも続きます

── 名古屋に戻ったら、前代未聞の「1対4トレード」でした。当時の記事を読むと、牛島さんは難色を示して、かなり抵抗を試みていますね。

牛島 まぁ、納得はできなかったですよね。僕は高卒1年目から試合に出て、言ってみたら無駄飯はほとんど食っていないわけですよ。普通、高卒ルーキーの場合、3年とか、4年かけて試合に出るようになるなかで、僕は3年目にはクローザーとなってリーグ優勝にも貢献していましたから。そうした評価が、まったく自分には伝わっていなくて、それで「え?」っいう感じになりましたね。

── 翻意のキッカケとなったのは何でしょうか?

牛島 球団に「ちょっと考えさせてください」と言ったあと、星野さんから夜中の2時に電話があったんです。「オレもネクタイをして待っているから、おまえもネクタイをして家に来い」って言われました。それで、すぐに星野さんのご自宅に向かいました。

── 「ネクタイをする」というのは、「真剣な話をしよう」という意味ですね。それで、どんなやりとりが行なわれたんですか?

牛島 星野さんからは「先輩としての気持ち」「同じ投手としての気持ち」、そして「監督としての気持ち」と、3パターンで説得をされました。言ってることはよく理解できたけど、それでもまだ納得できない部分もあったから、「考えさせてください」と答えました。朝の4時くらいまで、星野さんの家にいたと思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル