top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【ライブレポート】SKY-HI、フェスへの思いを熱く語り最新曲をさりげなくドロップ!<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022>

WWSチャンネル

×
SKY-HI(C)ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022

2022年8月6日(土)・7日(日)、11日(木・祝)・12日(金)の4日間(※13日(土)は台風接近に伴い開催中止)にわたり、株式会社ロッキング・オン・ジャパン主催の日本を代表する野外フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」が開催された。実施にあたっては入場ゲートで手指消毒・検温を実施するなど、感染症対策に万全の対応を取りつつ行われた。

本記事では、8月12日(金)に出演したSKY-HIのライブレポートをお届けする。

【写真】「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」の思いを語るSKY-HI

『Sky’s The Limit』とともにステージに登場するやいなや「手の平見せてくれー!」と会場をあおるSKY-HI。1曲目を終えると「ROCK IN JAPAN、よろしく!」と、立て続けに『何様 – From THE FIRST TAKE ver.』を展開し、たたみかけるようなライミング、そして「ワン、ツー、スリー。跳びな!」とシャウト。会場のボルテージをガンガン上げていく。

『Double Down』では「声出せねえんだろ?かまわねえぜ。バイブス聴かせてくれ!」とオーディエンスの心の声に応えつつ「今日楽しみにしてたんだよな?俺もだよ!」とステージに立つ喜びをあらわにした。

広告の後にも続きます

「今日は出演者が友達ばっかりで楽しくってさ」と、素直にこの日を満喫していることを語り「せっかく来たからにはめっちゃ盛り上がろうと思って、最年少の友だち連れてきたんで一緒に遊んでいいかい?」と、ステージにRUI、TAIKI、edhiii boiの3人を呼び込み『14th Syndrome feat. RUI, TAIKI, edhiii boi』を披露。彼ら3人はSKY-HI主催のオーディション「THE FIRST」に参加したメンバーでいずれも15歳。SKY-HI含めた4人が同じステージでステップを踏みながら縦横無尽に駆け巡った。

「20年近くプロフェッショナルやってきて、今でもこうして本気でワクワクしてフルにやり切れること嬉しく思います。ありがとうございます!」と、改めてROCK IN JAPANのステージに立てることへの感謝を告げたSKY-HI。さらに「最初、出してほしいって言ったらチェキラ系はちょっと…とか、アイドル系はちょっと…とか言われて、俺って両方じゃんって落ち込んでたんだけど、今こうしてステージに立たせてくれたROCK IN JAPANに感謝します」と本フェスへの思いを語った。

そんな熱いMCの後には、8月22日にデジタルシングルとしてリリースされる『Fly Without Wings』をさりげなくドロップ。続く『カミツレベルベット2020』では、会場中の手拍子がPARK STAGEを包み込んだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル