top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

不動産売却の落とし穴…「もう疲れた、とにかく手放したい!」弱気が招く、数千万円単位の大損失

幻冬舎ゴールドオンライン

×

不動産を売却するなら、少しでも高く売りたいと思うもの。しかし、知識のない一般人が思い通りの結果を得るのは至難の技です。本記事では、実家の売却を考えている若い会社員の「ミツウラアサミ」と、不動産売買の秘密を教えてくれる、小さなおじさんの姿をした不思議な家の精霊「家の精」とのコミカルな会話を交えつつ、不動産業界のウラや売買のヒントをやさしく解説します。

些細な誤りで、千万単位の損失が出るのが不動産売却

良い不動産会社の担当者と出会うために数社を渡り歩いて契約先を決めるのは、売主にとって重要な行動です。しかしだからといって、短期間でたくさんの業者に会うことはあまりお勧めできません。

私は1日1社をお勧めします。1社訪問するごとに条件を整理して、さまざまな角度から比較検討するだけの時間と心の余裕をもって、慎重に吟味しながら売却へのプロセスを進めていく必要があります。

不動産売却は一生に一度あるかどうかの大きなイベントですから「もう面倒だしここでいいや」「名前が知られているところに頼めば問題ないだろう」と、軽い気持ちでいい加減に選んだ業者と契約してはいけません。もっと高く売れるかもしれないチャンスを逃してしまいます。

しかし実際のところ、たくさんの業者を短期間で巡っていると心身が疲弊してきて、「もうどうでもいいや」という気持ちになってしまうようです。

広告の後にも続きます

日々のことをこなしながら仲介業者を探すのは、とても骨の折れる作業だと思います。

しかし選択肢を一つ誤っただけで、何百万円あるいは何千万円規模の機会損失をしてしまうかもしれないのが、不動産売却です。業者から契約を急かされても、「考える時間をください」と言って、その場をしのげばいいのです。

アサミ:とはいえ、お金がすぐに必要だったり、面倒から早く解放されたいって感じたりして、テキトーに業者を決めちゃいたくなりそう……。

家の精:そうならないための秘訣もあるぞ!

売却先を急いで決めてはダメ! 常に冷静な対処を

不動産売却は、相続や税金対策などの経済的な事情に伴う急な出来事であったり、あるいは経験のないことでもあるため、焦りや不安をたくさん抱えながら進めていくことになります。

しかし「早く落ちつきたい」「楽になりたい」からといって、急いで売却先を決めないことが肝心です。常に冷静な気持ちで対処する心構えをもっておいてください。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル