top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ある日突然、税務署から着信が…「税務調査の事前通知」が来たときの対処法【税理士が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

×

ある日突然、税務署からの着信や電話があったら、それは税務調査の「事前通知」かもしれません。事前通知の連絡が来たときには、どのように対応すればよいのでしょうか? 税務調査を専門とする税理士法人松本が、事前通知の対応方法や税務調査の流れなどについてわかりやすく解説します。

税務調査は「事前通知」から始まる

はじめに、税務調査の事前通知とはどのようなものなのかについて解説します。

■税務調査対象となった事業者が、事前に通知を受けること

税務調査には「任意調査」と「強制調査」があります。悪質性が高いと判断され、夜逃げや証拠隠滅などを防ぐ目的で強制的に調査される強制調査の際には事前通知は行われませんが、任意調査では事前に通知を受けてから実地調査へと進みます。

ただし、現金取引がメインの飲食店などでは、事前通知なしに実地調査が行われる場合もあります。

■「任意調査」はどの事業者にもやって来る

任意調査は、悪質でないと判断される企業や個人事業主であっても調査対象となる可能性があるものです。開業や起業をして3年以上が経過していたり、売上が急激に上がったりした場合には調査の可能性が高まりますが、中には10年以上税務調査がやって来ない場合もあります。

■「事前通知」と「調査通知」

広告の後にも続きます

税務調査の事前通知は「調査通知」と「事前通知」に分けられ、調査通知の後に事前通知があり、実地調査という流れになっています。

調査通知では「実地調査をすること」「調査する税目(消費税、法人税など)」「調査期間」の3つについて通知を受けます。

事前通知は調査通知を受けた後に行われるもので、以下の内容についての通知があります。

●調査を始める日時および場所

●調査する税目とその目的

●調査する期間(3期分、5期分など)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル