top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

板倉滉、開幕2戦の内容に独メディアが「強さと先進性をアピールした」と高評価! 古巣対決には「熱狂的な歓迎を受けた」と言及

THE DIGEST

×

板倉滉、開幕2戦の内容に独メディアが「強さと先進性をアピールした」と高評価! 古巣対決には「熱狂的な歓迎を受けた」と言及

 ドイツブンデスリーガは第2節が行なわれ、現地時間13日に板倉滉が所属するボルシアMGとシャルケが対戦し、2対2のドローに終わった。

 板倉は開幕戦に続きスタメンでピッチに立ち、フル出場を果たしている。勝利こそならなかったものの、攻守での安定感あるプレーを披露し、試合後には第2節のベストイレブンにも選出、初めて挑むドイツ1部リーグで、早速その存在は広く知れ渡ることとなった。
【関連記事】「まさに凄腕!」 三笘薫、移籍後初スタメンのプレーに現地衝撃! 同僚や指揮官からの期待もうなぎのぼり このゲームでは吉田麻也との日本人対決として注目を集めていた他、板倉にとってはもう一つ大きな意味を持つゲームだった。昨シーズンまで所属していた古巣との対戦、さらにかつてのホームへの帰還とあって、現地メディアは試合内容以外にもフォーカスしている。

 ドイツニュースサイト『WAZ』では、試合翌日の14日に板倉の特集記事を配信、シャルケサポーターの反応や、板倉本人のコメントなども報じている。

 記事では冒頭より「土曜日にグラッドバッハのジャージを着たコウ・イタクラを見たシャルケファンは胸が痛んだことだろう」と綴っており、「彼はシャルケに残りたかっただろうし、シャルケのファンも彼がS04のジャージを着続けるのを見たかったはずだ。しかし、センターバックの正式加入は経済的な理由で失敗し、結局グラッドバッハが元シャルケの英雄と契約することになった」と、移籍の経緯を振り返った。

 一方で、「イタクラは、シャルケのホームゲーム初戦で、熱狂的な歓迎を受けた。彼への拍手と声援があった。そして、この名選手はゲルゼンキルヒェンに戻ってきたことを喜んでいた」と、今節の試合の様子を伝えている。

 その上で、古巣を相手に引き分けに終わったことについて板倉が「ポイントを落とした」と、不本意な結果と捉えていることや「僕は新人選手なので、まずは自分を証明しなければならない」「『定位置』があるのかどうか。中央のDFや中盤にはいい選手がたくさんいて、競争も激しい」と、現在のチーム内での立場評するコメントも紹介している。

 同メディアは「この日本代表は、今季2戦して強さと先進性をアピールした」とここまでのプレーを称えており「シャルケは過去にある。今、イタクラが大切にしているのはグラッドバッハの成功である」と述べ、記事を締めくくった。

 多くのサポーターに愛されながら、着実にステップアップを果たしている板倉。25歳の新たな戦いは始まったばかりだ。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】なんと米メディアが早くもカタールW杯全試合の結果を徹底予想! 日本の結果、そして優勝国は!?

【関連記事】「1対1で衝撃的」久保建英にソシエダ同僚は好印象!ピッチ外での影響力には現地メディアも驚愕

【関連記事】“失点の原因&同点弾”の鎌田大地に対する評価は様々。一方で長谷部誠に指揮官は「45歳までプレーしてほしい」と感嘆

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル