top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「自分のゴルフができた」 馬場咲希は歴代3位の圧勝に「びっくり!」

ゴルフ情報ALBA.NET

×

「自分のゴルフができた」 馬場咲希は歴代3位の圧勝に「びっくり!」

<全米女子アマチュア(決勝) 最終日◇14日◇チェンバースベイゴルフコース(米ワシントン州)◇6541ヤード・パー73>

つけ入る隙はまったくなかった。ショットもパットも冴え、ほとんどミスのないプレー。日本の女子高生・馬場咲希(日本ウェルネス高2年)が、モネ・チャン(カナダ)を終始リードした。


決勝は36ホールの長い戦い。しかし27ホール目で決着がついた。10アップで迎えた後半戦の9番パー3はドーミー。チャンが5メートルのバーディパットを外したあと、馬場は上からの4メートルをきっちりとカップに沈めて勝利を確定させる。何度も右手で大きくガッツポーズを繰り返した。

マッチプレーに進んでからは一度もダウンすることがなかった。現地の午前9時30分に始まった前半戦の18ホールでも序盤から快調。1番パー5でチャンがセカンドをミスしてボギーを叩き、馬場はいきなり1アップとリードを奪った。「流れがいいなと思った」と振り返る。さらに3番パー3も5メートル、5番パー4も3メートルを決め、あっという間に4アップ。ショットが冴え、8番パー5で1メートルにつけバーディを奪うと、13番、14番も連続バーディーとし前半戦で7アップと大きくリードした。

約2時間半余りの休憩後、現地午後4時から始まった後半戦の時点で大差はついていた。それでも「とにかくぜんぶ逃げないように、ピンを狙っていこうと思った」と攻めの姿勢は崩さない。ただ、一瞬、ヒヤリとする場面もあった。

2番パー5でチャンが3メートルを決めてのバーディで1つ取り戻す。さらに続く3番パー3は馬場が1メートルを外し、3パットのボギー。2ホール連続で落とすと「自分のミスでポイントを渡してしまった。そこは悔しい」と怒りに火がついた。

「次のパー5で獲ろう」。こう決めると、その言葉とおりに2メートルを沈めてバーディ。一方のチャンは1.5メートルが決まらなかった。「あれが分かれ目だった…」。追い上げる機会を逸したチャンは悔やんだ。ここからは馬場の一人舞台。5番パー4はエッジからチップインバーディー。これには「上手かったですね」と照れ笑いを浮かべる。6連続でホールを獲る鮮やかなプレーで勝負を決めた。

ときおり笑みを浮かべながらも「集中を切らさないように、自分を信じていこうと」とひたむきに戦った。「優勝を目指してきたけれど…まさか本当に勝てるとは。びっくりした!」と笑う。

勝利が決まり、父の哲也さんに肩を抱かれると緊張の糸が切れたのだろうか、涙が溢れた。表彰式で大きなトロフィーを掲げたあとはたくさんのサインも求められた。「だんだんと勝った実感が湧いてきた…」。

11&9は長い歴史の中で、1946年以来となる歴代3位の圧勝。この勝利で来年ペブルビーチGLで開催される「全米女子オープン」や、「シェブロン選手権」、「AIG女子オープン」(全英)、「エビアン選手権」、「オーガスタ・ナショナル女子アマ」の出場権も得た。

「ヤバイ…。ペブルビーチでやると知ってすごく出たいと思っていたのでうれしい。アメリカの試合にもっと出たい。もうアメリカから帰りたくない」。17歳の笑いは止まらない。将来の目標は「海外メジャーで優勝すること」。そんな夢に大きく一歩近づいた。(文・武川玲子=米国在住)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル