top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平のリアルなピッチング・バッティングを体感 新宿駅でモーショングラフィック映像が放映開始

Real Sound

『MLB(R) The ShowTM 22』

 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントは8月15日より、JR新宿駅・東西自由通路に設置されている大型LEDビジョン 新宿ウォール456にて、大谷翔平のモーショングラフィック映像を放映開始した。

【写真】JR新宿駅・東西自由通路で放映されている、大谷翔平のモーショングラフィック映像

 これは、4月5日に発売された『MLB(R) The ShowTM 22』(英語版)のもので、映像では同ゲームにて大谷翔平が実際にたたきだしたスピードで投打走するモーショングラフィックを投影。

 ピッチングシーンでは渡米後に記録した約164キロの速度でストレートが、バッティングシーンでは191.5キロの豪速球が横切り、盗塁シーンでは、時速31.6キロという驚異的なスピードの走塁を見ることができるそうだ。

TOPICS

ジャンル