top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

キャンプ系YouTuber、400万円で購入した山とまさかのお別れ 怪しい男に「今すぐ帰らなければ道を塞ぐ」と恫喝され……

Real Sound

×
動画サムネイルより

 キャンプ系YouTuberでトップクラスの人気を誇る「CABHEY RIDE ON!!」(以下キャブヘイ)が、400万円で購入した自身の山と「お別れ」することになってしまったことを報告。その衝撃的な内容に視聴者からは「先ずは、CABHEYさんの無事と再投稿が何よりです」といった声が寄せられている。

参考:【写真】400万円の持ち山に人力でキャンプ地を作る様子

 主にバイクやキャンプに関する動画をアップしているキャブヘイは、現在チャンネル登録者数139万人(※8月15日現在)を誇る。しかしながら、動画の中ではフルフェイスのヘルメットを被り、本名や年齢も非公開で謎に包まれている部分が多い。そういった意味ではしっかりと”コンテンツの面白さ”で自らの地位を獲得しているYouTuberと言っても良いだろう。

 およそ3カ月ぶりに公開された今回の動画で、キャブヘイは「数カ月前にキャンプ用として購入した山林。不動産屋からは“キャンプ用地”として紹介してもらい、近隣住人にも挨拶を済ませ、これから開拓をしていこうと思った矢先にそれは起こりました」と話し始めた。

 キャブヘイが購入した山林は、集落を抜けた突き当たりにあり、その手前の民家には奇妙な車が止まっていたという。その車は日本国旗がプリントされた「思想強めのバン」とのこと。キャブヘイはそのまま通り過ぎ、山に到着すると、それに遅れてバンの持ち主らしき男性もやってきたそうだ。

広告の後にも続きます

 そこで言われたのは「誰に断って来とんねん! 車で道、塞いだろか!」。その後も“今すぐ帰らなければ道を塞ぐ”と強く迫られたキャブヘイは車から下した荷物もそのままに、仕方なく帰宅することに。

 後日、早朝から動き出し、置いてきたキャンプ用品を回収に向かったキャブヘイ。道中、例のバンを発見する瞬間もあったが、無事キャンプ用品を回収し、この山での最後のキャンプ時間を過ごした。

 なお、キャブヘイは内覧の時に集落に人を立たせ、ペグを打つなどの音が響いてないか確認もしたそうだ。事件の日、その男性と1時間ほど話をしたそうだが、理由を聞いても「(組織の)上の者が許さん」などの話しか返してこなかったとのこと。

 久しぶりの更新は衝撃的な内容だった。キャブヘイは概要欄に「今回少々内容がエグめだったので、ポップに編集してみましたが動画に含まれる音声や内容はガチのものです。むしろフィクションであってくれ」と思いを綴っている。そして「いつ撮影中凸されたり動画内でクラフトしたものが壊されるかわからないので、この動画を最後に新しい山の開拓は終了することにしました」というコメントも。これに視聴者からは「この企画楽しみにしてただけあってめちゃくちゃ悲しいし悔しい…なんで買った山を乗っ取られなきゃダメなのか…」といった声が寄せられていた。

 次回からはバイク旅企画が始動するようだ。動画更新の頻度こそそこまで高くないが、それでも1本1本の内容でファンの心を満たしていくキャブヘイ。今後の活動にも注目していよう。

TOPICS

ジャンル