top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「にじさんじ甲子園2022」今年の栄冠に輝いたのは王立ヘルエスタ高校!神速打線を抑え悲願の首位獲得

インサイド

×

「にじさんじ甲子園2022」今年の栄冠に輝いたのは王立ヘルエスタ高校!神速打線を抑え悲願の首位獲得

バーチャルライバーグループ「にじさんじ」内にて開催された大型ゲーム企画「にじさんじ甲子園2022」の決勝戦が8月14日に開催されました。

「にじさんじ甲子園」は、バーチャルYouTuberの天開司さんによる「Vtuber甲子園」等に端を発するゲーム企画です。参加ライバーは、ニンテンドースイッチ他で発売中の野球ゲーム『eBASEBALLパワフルプロ野球』シリーズを使用し、「栄冠ナイン」モードで育成した選手たちでチームを作成、互いにCPU戦で戦わせ優勝を争います。

2020年に、にじさんじ所属の舞元啓介さんとの共同主催で始まった「にじさんじ甲子園」も今年で第3回目。いまや夏の恒例イベントとして定着し、にじさんじファンの間で大きな盛り上がりを見せています。今年は8名のライバーが監督として参戦。昨年覇者の加賀美ハヤトさんほか、笹木咲さん、椎名唯華さん、葛葉さん、リゼ・ヘルエスタさんに加えて、新たにニュイ・ソシエールさん、イブラヒムさん、レオス・ヴィンセントさんらが迎えられての開催となりました。

7月9日に開催されたドラフト会議配信でのライバー争奪戦を経て、それぞれの監督は1ヶ月に及ぶ育成配信を実施。そしてこの8月12日からはいよいよ本戦が開始。今回は、その激闘の結果をご紹介します。

◆8月12日-本戦Aリーグ
■順位結果
1位:王立ヘルエスタ高校
2位:パンパカパンダ高校
3位:加賀美大附属高校
4位:楽園村立まめねこ高校
Aリーグ1位通過となったのはリゼ・ヘルエスタ監督の王立ヘルエスタ高校。笹木咲監督のパンパカパンダ高校との対戦では惜しくも2-2で引き分け、勝ち点では同じく7と並ぶものの結果として得失点差で+11という成績を収めており、堂々のリーグ首位となりました。

◆8月13日-本戦Bリーグ
■順位結果
1位:神速高校
2位:にじさんじ高校
3位:帝国立コーヴァス高校
4位:チョモランマ高校
一方のBリーグでは椎名唯華監督が率いる名門、にじさんじ高校が健闘を見せたものの、それを数段にも上回る形で葛葉監督の神速高校が文字通りの大暴れ。破竹の快進撃を見せ、勝ち点9、得失点差+19で全勝という驚異的な強さで首位を勝ち取りました。

◆8月14日-決勝戦
■順位結果
優勝:王立ヘルエスタ高校
準優勝:神速高校
3位:にじさんじ高校
4位:パンパカパンダ高校
5位:加賀美大附属高校
6位:帝国立コーヴァス高校
7位:チョモランマ高校高校
8位:楽園村立まめねこ高校
翌14日に開催された決勝戦。Bリーグで見せた神速高校の強力打線も王立ヘルエスタ高校のエース月ノ美兎投手の前には苦戦、3点ビハインドで迎えた8回裏の神速高校の攻撃は、4連打で3点をもぎ取り同点、なおも一死二塁のチャンスでしたが二者凡退で勝ち越しならず。

続く9回表の王立ヘルエスタ高校の攻撃は、無死二塁から鷹宮リオン選手の適時二塁打が飛び出し勝ち越しに成功。戌亥とこ選手も適時二塁打を放ちスコアを5-3とし、9回裏の神速高校の攻撃を抑え見事王立ヘルエスタ高校が今年の栄冠に輝きました。

また、翌週8月26日にはエキシビジョンマッチも開催予定。こちらも是非お楽しみに。


TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル