top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【びっくりドンキー編】チェーン店のかき氷食べ比べ! コメダに勝るとも劣らない大ボリュームに死にかけた話

ロケットニュース24

×

【びっくりドンキー編】チェーン店のかき氷食べ比べ! コメダに勝るとも劣らない大ボリュームに死にかけた話

チェーン店のかき氷食べ比べ、今回は「びっくりドンキー」だ。全国で期間限定メニュー「イチゴ雪氷」を提供中。

最初は「ドリンクかな?」と思ってスルーしかけたのだが、いやいやどうして。立派なソフトクリームであった。

……繰り返すが、立派なソフトクリームであった。それは「かき氷」の定義を揺るがす1品だったのだ。

・「イチゴ雪氷」税込600円

フレーバーはイチゴのみ。サイズが選べ、通常の「イチゴ雪氷」(税込600円)と「びっくりイチゴ雪氷」(税込1100円)がある。

味を選べないのはつまらないなぁと思った筆者であったが、半時間後には「1種類でよかった……!」と神に感謝することになる。

広告の後にも続きます

テーブルに届いたのはジョッキ! そこに天高くソフトクリームが鎮座している。

普段は冷たいドリンクがなみなみと注がれるだろう正真正銘のジョッキである。持ち上げると手にずしりとくる重さだ。

まぁ、厚手でボリュームのあるグラスなので、ほとんどがガラスの重さだ…………と思いたい。

側面からは美しいグラデーションが見てとれる。涼しげ~!!

グラスをすっぽりおおうように、上半分くらいがソフトクリームなので、それを片づけない限り氷にはたどり着けない。「いやぁ困ったなぁ~」とうれしい悲鳴が出るだろう。

「北海道ソフトクリーム」の美味しさは鉄板。後半になるにつれ慣れてしまうのだが、ひとくち目の「あ、美味しい!!」という感想は毎回のことながら新鮮。濃厚でまろやかなのに、しつこさがなく軽い味わい。牧場で食べるソフトのようだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル