top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

古タイヤで耐久性に優れたコンクリートを作ることに成功

カラパイア

×

 近年、コンクリートに使われる骨材(セメント・水と一緒に混ぜ合わせられる砂利や砂などのこと)を廃棄された古タイヤで代用しようという試みが行われている。

 今回、オーストラリアの研究グループは、従来のものの欠点を克服した100%古タイヤの骨材でコンクリートを開発した。

 それは機能面で優れているだけでなく、コンクリートと古タイヤが抱える環境問題をどちらも解決してくれるそうだ。

古タイヤを骨材に使用する為に克服しなければならないこと

 コンクリートは、水・セメント・骨材(砂や砂利など)を混ぜ合わせたものだ。

 こうした素材はどこにでもありそうだが、砂や砂利は地面から掘らねばならないので、じつは世界中で骨材が不足している。

 一方、タイヤはある程度はリサイクルできるが、そのまま埋め立てられたり、焼却処理されたりすることも多い素材だ。

 そこで両者を組み合わせるという発想が生まれた。要らなくなったタイヤを砕いて砂や砂利の代わりにすれば、そうした両素材が抱える問題を解決できるからだ。

 しかもタイヤは圧力を受けても曲がって壊れないので、古タイヤ骨材で作られたコンクリートは普通のものより丈夫だ。

 ただしタイヤ粒子を使いすぎると、圧縮や引っ張る力に弱くなるという欠点もある。セメントがゴムにうまくくっつかず、しっかり結合しないからだ。

タイヤを砕いた粒子を水と一緒に混ぜたコンクリート/Mohammad Islam, RMIT

圧力をかけることで最適化

 オーストラリア、RMIT大学の研究グループは、セメントが結合してくれない原因は、タイヤゴムに開いている小さな穴であることを突き止めた。

 より正確に言うなら、コンクリートを混ぜた時に穴に入った水が、蒸発して最終的に空洞になってしまうことが原因だ。

 この問題を解決するために考案されたのが、今回の新しいコンクリートの作り方だ。

 まずは100%タイヤ粒子骨材のコンクリートを普通に作る。新しいのはここから。コンクリートを特殊な金型に流しこみ、圧力をかけてタイヤ粒子の穴を潰すのだ。

 その結果、コンクリートが乾いても、ぐっと結合が良くなったという。

 従来のやり方による100%タイヤ骨材コンクリートに比べて、圧縮強度・曲げ強度・引張強度がそれぞれ97%・59%・20%向上したそうだ。

新たに開発された100%古タイヤ骨材コンクリートは、建築基準を満たしているだけでなく、一般的なコンクリートより軽量だ/Mohammad Islam, RMIT

高性能で環境にもやさしい古タイヤ骨材のコンクリート

 研究グループの今後の目標は、新開発のコンクリートをさらに強化し、建築により適したものにすることだ。

 研究グループのリーダーであるリ・ジエ教授は、「一般的なコンクリートは大部分が粗骨材で占められています。これを古タイヤで代用できれば、天然資源の消費を大幅に減らせるとともに、古タイヤが引き起こす環境問題への対策にもなります」と、語る。

 この研究は学術誌『<a href="https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0921344922002348?
via=ihub” target=”_blank” title=”” rel=”noopener”>Resources, Conservation & Recycling』(2022年5月4日付)に掲載された。


References:Concrete using recycled tyre rubber hits the road to a circular economy – RMIT University / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル